侘び寂びの予感?:「Cafe宮郷」Part-II (2)

miyazato menu


 
 このメニューを見て、、、

 「・・・?」

 そうなのです!

 手造りケーキのみ! これ、珈琲紅茶の「おちゃうけ」となるもの、決して腹膨れる「食事の類い」ではない、、、。

 きょうびの事、巷の喫茶店の多くは、大なり小なり「軽食」らしき食事メニューを羅列しているけれど、宮郷さんにはそれがない。 けれども、珈琲紅茶に対しての「お抹茶」あり。 そして、お抹茶に続く「甘党メニュー」、、、。 これまた「お抹茶」のお茶うけ的存在であるか。 

 このメニューを拝見しつつ、あらためて想った。 

 宮郷さんは、あくまでも「ぎゃらりい宮郷」なのだ!

 ギャラリーに展示されてある、その時々の「美術工芸品の類い」を鑑賞する「お茶受け的」空間として、この茶房コーナーの存在あり。 だから、「茶房メニュー」と題して、こんなにシンプルなメニューを用意されている・・・

 なぜか、このメニューを拝見していると、和の美を感じてくるから不思議である。
 
 すなわち、メニューの造作の中にある「侘び・寂び」の世界を感じ始めたのです。

 「・・・?」

 侘びとは、なにか?

 寂びとは、なにか?

恥ずかしながら、私には未だによく解りかねるし、こういう美術論芸術論的自問自答は無用にしていかにも無粋である!

 たぶん、侘寂世界とは、日本独特の精神的美意識の中、それを形而上的に喩え表現する抽象名詞であるか。と、消化不良のままに感じている、、、。

 美とは? それを感ずることから始まるのであり、なにも学問的精神的うんちく問答の為に存在するするのでは無いであろうよ、、、。

 とかなんとか言い訳しつつ、その実、この歳になってようやく「和風の美しさ」に視線向くようになり、詫び寂びの世界を探求しようと想い始めた今日この頃なのです・・・


  *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ


   <・続く・・


 (投稿:執事のトーマス)


 《前回掲載関連記事はこちらから入れます・・・》  
 

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/99-b0ac6ee6

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market