(No.5) シリーズ『宮島美人』を復活したい! 平安衣装の乙女たち(5)

20141107a

〈添付写真〉『大聖院と平安衣装』
(撮影日) 平成26年11月第1週目
(撮影場所) 広島県廿日市市宮島町大聖院さん境内にて
(撮影機材) FUJIFILM X100s
(撮影者)  トーマス青木

 ついたちまいりの翌々日の午後、またもや平安時代貴族女性風旅装束を纏ったうら若き乙女が大聖院さん境内に現われた。 おかげ市アネックスにて露店を張らせて頂いている『カフェマガジン旅遊亭』の店先も、丁度一段落した頃にて手が空いていたから、お声をかけた。

 「あの、平安衣装のお嬢さま、ちょいと写真を撮らせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?」
 とお願いすれば、

 「よろしいです……」
 とのご返事をいただき、

 「ではこちらへ……」
 さっそく摩尼殿を背景に立ち位置を決めて頂くも、
 この時間この位置の撮影は太陽に向かってカメラを構える如くに『真っ向からの逆光線』に立ち向かう。 結果この写真画像になったのであります。

 平安衣装のお嬢様、お疲れ様です。 でも丁度良い季節になりました。
 「何が丁度宜しいか!」 と?
 はい、夏場お見えになった平安装束のお嬢さまたちはこの衣装を纏って大聖院の階段を上るのは汗だくになってたいへんだったはず。 それから比較すれば『ずいぶん涼しくなった11月上旬』の今日この頃、この装束はこの季節にピッタリです。
 宮島へお越しのお嬢様たち、おおいに平安衣装を召されて大聖院さん境内にお越しください。 桃源郷カメラマン・トーマス青木が高級カメラを構えて待機。……おまちしています。
                 (トーマス青木)

       …人気blogランキングへ(一日一回、クリックお願いします)


?

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/977-595196b7

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market