今が旬!(Part-II);大聖院さん境内の紫陽花、その後...

20140626a
<添付写真画像>:宮島大聖院に咲く紫陽花
(撮影月日) 平成26年6月21日午前10時前
(撮影場所) 広島県廿日市市宮島町
(撮影機材) FUJIFILM X100s (Lens: Super EBC Fujinon 23mmF2 Aspherical)
(撮影者) トーマス青木

 紫陽花の花が、いつの時点をもって満開とするか? よく分りません。 花音痴?のトーマス青木にとっては、紫陽花のみならずほとんど全ての植物の花はそれぞれどのような状態で咲いて、満開を迎え、そして散っていくのか? 解りません。(知ろうともしない……)
 本日投稿の紫陽花の花は、先の投稿(6月20日)にてご紹介した紫陽花の花の『変化する様』をご紹介すると約束したので遅ればせながら本日(実際は1週間の間隔を置いて撮影したもの)、ご紹介した次第です。
 
 変ってカメラ機材の話。
 先の投稿(以下、画面参照)はFUJIFILM X20(Fujinon Aspherical Lenz, Sper EBC f=7.1-28.4mm 1:2.0=2.8)を使用、ズーム(35mmカメラ換算ズーム)は35㎜、露出はシャッター絞りとも全てオートにて撮影した。

 20140620a

 そして本日、
 同じ『FUJIFILMカメラ』でありながら、機材はX100sを使用し、レンズ(固定焦点35mm)は絞り開放F2(シャッターはオート設定)にて撮影した。
 さて、
 全く異なる味わいの、『紫陽花の撮影』が出来た。
 比較すると、どちらの画像が良くてどちらが悪い?と云う問題ではなく、
 ①カメラ『FUJIFILM X20』の画像は、正確な記録写真に向いている。だから私は、このカメラをメモ用紙代わり、すなわち記録用の道具として持ち歩いている。
 一方、
 ②『FUJIFILM X100s』の画像は、レンズの絞りを解放(F2.0)にして、意識的に紫陽花の花弁の『ごく限られた距離(部分)』に焦点を合わせ、花びらを強調した写真画像になるように、カメラ設定した。
 そう、
 カメラ『フジフィルムX100s』の真骨頂は、自分の目で見た通りの紫陽花の花から、自分の意図でより美しく花びらを描く為の自分の『意識と意志の伝達』を可能にし、写真作品を創作のための道具なのだ。

 かくして、この2台のデジカメがあれば、写真愛好家(ド素人)トーマス青木めの『写真創作』に関し、これ以上他のカメラやレンズは必要なし。……もうこの2台と(付設レンズ)で十分だ。
 すなわち、デジタルカメラに関して、これ以上のランクに位置する高級カメラを決して「欲しがらない!」と、ブログ投稿にて宣言します。

 と云い以って、その実、
 密かにフィルムカメラとその関連レンズを懐かしく思い、リバイバル感覚にてオールドカメラやレンズに触れてみたくなっている今日この頃です。(これは一般のカメラコレクションとは別世界?の出来事です……)
 
     (トーマス青木) 

        …人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/949-2156c880

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market