スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中間報告!;井上和彦著『日本が戦ってくれて感謝しています・アジアが称賛する日本とあの戦争』

20131015aaa

 産経新聞出版書籍編集部のつくった本・井上和彦著『日本が戦ってくれて感謝しています・アジアが称賛する日本とあの戦争』……

 産経新聞さん、トータル的にありがとう。

日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争
(2013/09/29)
井上和彦

商品詳細を見る

 良書です。

 夜な夜な(寝る前になって)寝床で読んでいます。お書きになった時間場所や原稿の書き方が異なりゴッタマゼでつぎはぎだらけの、纏まりの無い雰囲気の一冊です。しかし書かれている内容は一本筋が通っていて、非常に良いです。

 いわゆる自虐史観による近現代日本史の書籍が蔓延る中、まともな歴史書はなかなか見当たらないのが現状です。近代史の物事を推し量るのには、必ずや基準が要ります。基準(秤?物差し!)無くして、異なる文化や歴史の比較は不可能です。比較しようもない状態で、歪曲された日本史を鵜呑みにしてはいけません。

 本書は、日本近現代を考察する際の基準(≒norm)となる記述がなされている、と考えます。

(トーマス青木)

         …人気blogランキングへ


<追記>:優柔不断な文章(上述本文)を書いた不本意な気分おさまらず、その反省を込め、とあるFacebook Frend に再度、評価をお願いしたが、さほど酷評は頂きませんでした。以下(トーマス青木の返事のみ)紹介します……

<以下FBコメント欄よりコピペ掲載>
  ありがとうございます。Kさんの『お考え』をお聞きし、ひと安心いたしました。既にご推測の通り、本書の内容はいろいろな形で発表されたもの、貴兄ご承知の事ばかりにて、ジャーナリスト井上氏が各方面にばら蒔いた原稿を寄せ集めただけの、無編集且つ乱暴極まりない寄せ書きの一冊です。ま、若きジャーナリストだけに活動的で若き頃から体張って集めた旧大東亜(の各国)各地の生(ナマ)の情報を記載しているので面白いです。となれば思想の左右を問わず、ひとつの共通基盤的事実集になると考えます。そこに、私的な表現『norm=基準』が出来る。基準無くして公平な評価出来ず。試行錯誤の続く近現代日本史の評価基準を(その一つを)、例えばこの一冊に於くのも良いではないか!?と、我が左的FBF乃至、方向感覚の無い不感症的左巻きFBFにはちょうど良い参考資料になるのではないか?と思った次第です。なるほどKさん仰せの通り、小学校中学校の副読本にすればいいという志向も実に佳い思考です。総じて、実に心地よいコメントを頂きました。ありがとうとございます。11月に入って、選挙も済んで、彼是一段落して、またお会いしましょう。<以上、コピペ引用終り…>

Comment

[540]

どうでしょうねぇ・・・。
100年よりは長いような気もしますし、
意外と早いかもしれないとも思いますが、
少なくても今までとは違うなぁという雰囲気、
これが歴史が乾きつつあるということでしょうか。

[539] >ワンともさん……

コメントありがとうございます。
で、
ワンともさんは如何思われますか。

[538]

こういう内容の本が出ても叩かれなくなりましたね。
叩くとかえって注目されるからでしょうか(笑)
司馬遼太郎は「歴史が乾くには100年かかる」と言ったそうですが、
それまでに自虐史観から抜けられるといいんですけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/918-d3208426

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。