スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮島大聖院境内に佇む豆狸と小地蔵さま

20130622b
<添付画像>宮島の大聖院さん境内にて
(撮影日時)平成25年6月16日午後2時30分頃
(撮影機材)FUJIFILM X20
(撮影者)トーマス青木

 雨の日も風に日も、朝も昼も夜も、大聖院さん境内に佇む狸一家。
 毎月定例イヴェント『大聖院・宮島おかげ市』と称し、本年5月1日からスタートし、早くも2ヶ月無事終了した次第です。 毎月大聖院境内にお邪魔すしていると季節の移り変われが美しく、今まで気が付かなかった足元の景色までも目に入ってきます。
 木漏れ日の中、寛ぎ歓談する豆狸たちと小地蔵さまのをレヴューすれば、また直ぐに連中の様子を覗いたくなってくる、自分自身のそんな精神構造の変化は仄々と和やかにて、今までの自分には見いだせなかった出来事です。
 宮島大聖院さんには独特の魅力あり、何度も訪れたくなるほどに面白い。
 どうやら宮島の大聖院さんは、遠き昔の江戸時代に於いてして、その時代のミューズメントパーク的役割といわゆる今流のデパートメントストアを兼ね備えていたに違いありません。そうそう、弥次喜多コンビの東海道中膝栗毛の時代、門前町宮島が大きく開花したその時代、同じ時代だったに違いありません。等々いろいろ思いを馳せながら車寅次郎的野暮さ加減を粋なダンディズムと倒錯陶酔しつつ、大聖院『宮島おかげ市』に出店参加しているカフェマガジン旅遊亭店主トーマス青木めの馬鹿さ加減を笑ってやってください。 (投稿:トーマス青木)


 〈注〉宮島の大聖院(Wikipedia)は、こちらから入れます。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/900-5ca1cabf

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。