バルナック型ライカのこと(2/2) 最終編

20130507b

 5月6日記事、(『バルナック型ライカ』;宮島大聖院境内で見たもの、、)の最終編です。

 何度かドイツに出向いた内、おおよそ15年前になるか。ミュンヘン市内の某カメラ屋で、バルナック型ライカを購入したことがあります。 それはそれはたいへんな出来事にて、掘り出し物を見つけたのです。 函付き・革ケース付、ボディーはそれなりの風格、キズやカビは見あたらず、古式豊かな沈胴式の標準50mmカールツアイスレンズが装着されていました。帰国して試し撮りしたところ芳しくない。シャッターは正常に作動する(シャッター音による素人判断)けれども、どうやら無限大のピントがずれていて、修理してもらわないと、直ぐに使えない状態でした。 
 さっそく行きつけの中古カメラ屋さんに持参し、相談したところ、
 「これ、私に売って下さい」
 「20年掛ってようやく手に入れたカメラです。ちょっと困ります、、、」
と答えたら、
 「トーマスさんは又、直ぐに、ドイツに行ってライカが探せるからいい。私がこのライカを高く買わせていただきますから、ドイツかハンガリーに行ってもっと良いライカを探してください……」
 などと口説かれて、
(また探せばいいか……)
などと、ついついその気になって、売ってしまったのです。
 その後、バルナック型ライカを探す時間がなく、今もってライカカメラを確保できずにいるのです。

 そんななか、大聖院でこのバルナック型ライカとの出会いがありました。 
 もちろん、
 このライカは、すでに単機の部品だけで成り立っているのではなく、複数のライカの部品を集めて『今のライカ』に成っているとのこと。お話を聴いてまず敬服。さらに聞けば、持ち主の青年ご自身により、組み立て修理をされたているとの事、これまた感服。不肖トーマス青木は『グウの音』も出ず、かくなるカメラの持ち主に、見事降参しました。
 初めての大聖院境内にて開催した古本市イヴェント『宮島おかげ市』に出展参加した旅遊亭トーマス青木は、商売を完全に忘れてしまっても構わないほどに、『素晴しい出会い』と『大きな収穫』を得たのであります。

 ありがとうございます。 

 宮島弥山大本山大聖院さまのおかげです。

 「……?」
 
 「は? はい、そうなんです。カメラの持ち主のお連れの青年ひとりが、私の出品古書を2冊、お買上げくださいました」

 てなことで、
 ドイツカメラ談話三昧にて無駄な時間を費やしたかと思いきや、青年3人組の御一人から古書三冊、お買上げ下さいました。

 これにて一件落着。
異なる世代を越えての『あらたな出会い』は、共通の大いなる楽しみを生み出し、且つ思いがけない細やかなビジネスが誕生したのです。

思い出に残る、宮島大聖院境内での『嬉しいひと時』でした。
 
          (投稿:トーマス青木)

  人気投票バー(クリックひと押し!)お願いします…人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/889-e4525753

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market