スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮島フォト・ウオーキング(晩秋編) by トーマス青木 (2/3)

 20121129b
<添付画像>晩秋のみやじま五重塔;スタート直後の『.12’宮島フォトウオーキング(晩秋編)』
(撮影月日)平成24年11月29日午前8時30分頃
(天 候) 晩秋独特の曇天
(撮影機材)iPhone付設カメラ
(撮影者) トーマス青木

 宮島商店街『みやじま表参道』の、ほゞ東詰めに位置する『インフォ表参道』案内所から出発すると、この画僧の位置(ほゞ町家通り西詰め)まで徒歩で5分とかからない。

 (フォトウオーキング参加者の列に加わり、みやじま五重塔を見上げる……)

 な、なんとフォトグラファーの隊列の中に、今朝私たちよりもっと早起きをされて島根県の浜田市から4時間かけてマイカーを運転し、当地宮島に馳せ参じられた方(前方右のシニア男性)あり。 さっそく親しく懐かしく会話しながら、五重塔撮影ポイント(もう10数うメーター前進か)へ向かう。
 ムム、みなさん其々、ドデカい三脚をご持参なさっっているではないか。
 たしかに、曇天の中の紅葉風景撮影に、スローシャッターは常套手段ではないか。そう、スローシャッターを切るには、大ベテランと雖(いえど)も必ずや三脚が必要なのです。
 「な、なるほど。行き当たりばったりのスナップ写真とはわけが違いますな~」
 それに加えて、みなさん(何故かキャノンが主流だった……)一眼レフカメラに複数本の交換レンズを携帯され、芸術家風写真家として完全武装されているのであります。
 「携帯電話カメラを振り回したら、ご参加のみなさんに迷惑がかかるか?」
 バカにされるのは自分自身であることはとっくに棚に上げ、ご迷惑をかける等と本末転倒且つ勘違いも甚だしい、たいへん厚かましき人物がトーマス青木の本性(実態?)でありまして、そのようなトーマス青木風のいい加減な心構えと、ご参加のみなさんの真面目さ加減を、努々比較してはなりません。
 「ま、『iPhone4S』のレンズも、捨てたものではない。こちとらソレナリに、ぼつぼつやるか……」
 てな、塩梅にて、ひそかに背中に背負ったリュックサックには、小型酸素ボンベ(毎1分1㍑酸素流出にて約2時間30分使用可能)を潜ませて、
 「お昼時間までに60%以内に収まるか?午後帰宅まで、酸素残量25%はキープしておきたい……」等々、まるでサバイバルゲームの予行演習なのであります。
 すなわち、宮島でウオーキングしながら半日過ごすことによって、活動しながらの酸素消費バランスがいかなるものか?実地訓練するために朝早くから宮島に渡ってきたのであります。
 「全てのはじまりは先ず、みやじま五重塔を撮影してからであるぞィ」……
[……?!?]
 (どうしたことか?)
《ここで再び、消音している携帯電話のバイブレーターが振動する》
 さて、どうしたことか。また私の携帯電話にアクセスしている。誰からの電話かわからない。番号非通知だから、面白くない。
 (……続く…第3巻へ) 
            (投稿:トーマス青木)



 *人気ブログランキング参加中!
                 人気blogランキングへ


ps: オッと、共に撮影会ウオーキングに参加したKG君から昨夜(11月29日)のこと、さっそく秀作画像3作が届いています。小生の投稿(あと一回)終了次第、(KG氏の許可を頂いて)拙ブログ発表します。ご期待下さい。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/847-c4681c4e

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。