晩秋黄昏の弥山;(シリーズ「宮島大鳥居100景」)

20121115a
<画像>:晩秋たそがれの弥山、帰路JRフェリー船上にて、、
(撮影月日)平成24年11月15日(火曜日)
(撮影時間)午後5時5分頃


 JR西広島駅より(昨日平成24年11月15日)午前11時前だったか、な、なんと珍しくもこの時間の乗客は超満員。いつものように直ちに座席確保し読書しながら……、なんて不可能にて、立ったままの状態で23分間経過、宮島口駅に到着する。すると、乗客のほぼ全員が宮島口駅で下車したから驚いた。 続いて、宮島口港から宮島港フェリーは正月並み?に超満員状態ではありませんか。
 「な、なるほど、日帰りの宮島紅葉(もみじ)狩り目的だな」
 と勝手に想像する。

         20121116d(厳島神社入り口付近)

 けれども紅葉(こうよう)はもう少し先か、

「たぶん11月末から12月初めにかけて、であろうか……」等々、

 あれこれ思い描きながら、昼前に宮島に入った。



                        そして、
 本日はひとまず、大元神社まで足を延ばす。

  20121116xa(大元神社風景―1)


     20121116xb(大元神社風景―2)


        20121116xc
 (な、なヌ? 聞いてはいたが、厳島神社よりも『大元神社』のほうが歴史的には古い……)


   20121116b
 (大元公園付近、国民宿舎『みやじま杜の宿』正面玄関まえあたり)

          20121116c
  (ここまで来る団体ツアー客は、ほとんどいないのだ……)

 すなわち紅葉加減の下見を済ませ(未だ20%の紅葉具合にてたぶん11月月末が見ごろと思います)、午後2時から4時過ぎまでNPO法人宮島ネットワーク月例会出席する。インフォ表参道にてNPO仲間と歓談。たちまち間に30~45分間経過し、あわててインフォを出たのは4時45分頃だったか?

 な、なんと!商店街を通り過ぎて海辺の通りに出たら、たいへん良い天気になっているではありませんか。
 朝から気温の上がらない時雨模様は、11月中旬と雖も既に12月並みの冬型曇天。夕刻になって「わずかに太陽が顔を出し始めたのか」と思ったらすでに黄昏時ではありませんか。やたら元気な冬の太陽を背に、ただひたすら宮島港に向かう。
ロビーに到着。
フェリー乗船。
出航したのは、午後4時55分過ぎだった。
 ギリギリその時、西の空に沈みゆく(画像右画面のさらに右方向だったか)本日の太陽を拝めたのは、ごくわずかな時間だった。この時、気温は摂氏7度。すでに12月中旬の外気温はめっぽう冷たく、フェリーの進むにつれて海風が吹き荒ぶ。思わずコートの襟を立てだが船室に入らず、真面目に?「iPhoneカメラ」のシャッターを切った。
 久しぶりの弥山及び宮島大鳥居撮影に、確かな『手ごたえ』を感じた。
 こうしてあらためて視れば、すでに太陽は没していて、弥山上空には(感じていたほど)光線対比少なく色彩の表現不十分にて、直接的な太陽光線の照射がほとんど感じられない。

 「……?」

 「は、はい。やはり駄作ですね……」

 でもでも、すでに白っぽいけれども、朱色の宮島大鳥居をご確認くださった読者さまにおかれましては、多大なる敬意を表したく存じます。
 ありがとうございます。
 つきましては、
 以下、
  ブログ乱金愚バァ~を「ひと押し(クリック)!」して下さいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。
(旅遊亭編集部)


 *人気ブログランキング参加中!
                 人気blogランキングへ

 
<追記>
*『大元神社』情報。≒【menamomi-net】は こちらから
**『広島県の文化財』 - 厳島神社摂社大元神社本殿、
 以下広島教育ホットラインより抜粋……
【解説】
戦国時代,大永3年(1523)造営。屋根が異例の長板葺で,中世の絵巻物には見られるが,他に類例を見ない日本唯一の「六枚重三段葺」の建物である。本殿内陣にある玉殿(ぎょくでん)には嘉吉3年(1443)の墨書があり,現在の社殿より古い。また,社殿の彫刻の一部も現在の社殿以前の建物からの再利用と考えられている。
大元神社は本社の厳島神社より古い鎮座と伝えられている。

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/842-f4da2d64

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market