スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェームス赤木の一言:『交通ルール』


 『交通ルール』   
                 平成24年2月17日
                    
                            ジェームス赤木

 市内中心部では、自転車を利用する市民が多く見受けられる。 歩行者に気をつけながら運転する人を見ると何かホッとする。
 でも、右側の車道を通行したり、通行可の歩道では自転車二台(学生が多い)が並行運転してみたり、中にはイヤホーンを耳に当て周囲の状況は知らん顔、雨の日も傘を差し片手運転でスピードを出したままの無謀な操縦でやり放題。
 注意をしようにも一般市民には権限は無い。自転車に衝突しないで被害に遭(あ)わないことを神に祈りながら生活を営み自分の身を守るしかないのか?と自問自答する俺。
 個々のモラルに任されている個人主義の現代を享受しているのが俺達の住む世界で良いのだろうか。(それでいいのか!)そんなことは無い。
 天災、人災、他国からの侵略等、緊急時の対応を考える教育は出来ているのかと心配することは多く、考え過ぎて夜眠れないのは常識がある人だ。楽天主義(オプテイミズム)のポジテイブな俺、一杯飲むとよく眠れる。
 2月上旬、15年振りにベトナムに旅行した俺。 以前は、ハノイ市の交通手段は自転車が主流、ホーチミン(旧サイゴン)市内はバイクばかりの珍しい光景だった。
 今では、ハノイ市内はバイクが主要交通手段。 ホーチミン市は自動車が多く見受けられたが、更にバイクがわが物顔で走り回っていた。
 主要な国道には信号機はあるものの圧倒的に信号機は不足していた。 しかし、信号機の無い交差点にも係わらず自動車、バイク、自転車と歩行者には暗黙のルールがあった。
 ベトナムの国民性なのか信頼の原則があるかは判断し難い面はある。 スムーズな流れを真の当たりに見て感心する。 第二次世界大戦後の日本の姿を少しダブらせて・・・
 帰国後のある日、車で外出する。市内繁華街の交差点、赤信号で停車する。 まもなく青信号に変わる。 正面の車道から平気な面(ツラ)をした一団が歩いて来る。 歩道外に胸を張って堂々と渡る四人の中堅サラリーマン風の男達を目撃する。 ここはスクランブル交差点なのか?これからの日本を背負う男共、倫理・常識・モラルは無いのだろうか。 その筋のお兄さんの方が法と秩序を守ろうとしている日本、昼食時の休憩時間で気を許し緊張感の欠如から来た恥ずかしき行動と思いたい。 とても子供達の手本となるような男(ひと)には見えなかった。
 「人の振り見て我(わが)振り直せ!」道徳教育の必要性を更に感じる今日この頃です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 (編集部より;以上、ジェームス赤木〈平成24年2月17日Eメールにて〉投稿を掲載)




   *人気ブログランキング参加中!
                 人気blogランキングへ
              

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/794-2d4f406e

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。