スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹雪の宮島大鳥居… 『シリーズ宮島大鳥居100景』 by Mr. T.KG.

20120131ddx
<添付画像>吹雪の宮島大鳥居
(日時)平成24年1月25日午前11時30分頃
(場所) 宮島港へ向かうフェリー船上にて
(機材)Canon IXY31s
(作者)Mr. T. KG

 昨日に続く「宮島の大鳥居100景」投稿にて、同勉強会に参加したKG君により撮影された作品です。

 美しく、厳しく、躍動感溢れ、大胆且つ豪快な作品ではありませんか。

 降りしきる牡丹雪のなか、宮島口港から宮島に向かうフェリーのデッキから撮影したもの。
 今年一番の極寒日に何とツイード地の替え上着一枚(これ!超高級の生地にて実に温ったかそうですけれども、これだけでは寒い!)の出で立ちで、宮島勉強会に馳せ参じたKG氏は寒さ忘れ寒風吹きすさぶフェリーのデッキに出でて徘徊し、シャッタースポットとチャンスを覗うこと約5分。 さすがです。 こんなに素晴らしい吹雪の中の宮島大鳥居を射止めました。(芸術カメラマンは、瞬間のシャッターチャンスを逃さず射止める美の狩人、すなわちハンターです…)
 聞けば、
 ズームレンズを望遠にして撮影し、フォトエディタにて各種調整トリミングを済ませ、この作品になったとのこと。

 KG氏曰く、
「トーマス君、君の感想を聞きたい!ブログで述べよ……」との仰せあり。

 かくして
 以下、
 感想文を書くことに相成りました。

 この一枚を鑑賞し、あまたの感想あるけれど、
 先ず想うに、
 降りしきる牡丹雪的粉雪に動きがあるのが良い。
 動きがあるとは如何に?
 いやさ、小生のごとき携帯電話のデジカメで撮影すると、動きが感じられずに、それぞれの雪はほゞ同じ大きさにしか写し込めず変化なく、それぞれ単なるレンズの汚れに見えて仕方ない。
 それがこの画像は如何か?
 空を舞う雪の大きさに大小の変化あって、これこそ空中を舞い踊る雪の妖精か。 まるで生きているようですなぁ。
 表現を変えれば、これは濃い目の絵具を駆使して描いた水彩画か? 朱色の鳥居は油絵の作品ではなく、あくまでも水彩画の技法に見えて仕方ない。 そして降りしきる牡丹雪こそあまり水溶きしていない濃い目の白絵具をぶちまけたような雰囲気がある。
 なぬ?
 そう、この雪と宮島大鳥居の表現は、千切り紙を張り付けて創作したものにも見え、彼の山下清画伯を彷彿させるではないか。
 おもしろいです。 KG氏の作品から醸し出されるもの?それはKG氏そのもの。 知る人ぞ知る、まさに彼自身の気質が漂ってきます。
 そろそろ〆て、
 このバランスでトリミング決定したKG氏に脱帽。 写真画像の表現を、絵画作品的表現に近
 画面の大きさに比して、その画面の中の鳥居の大きさをこの比率にまとめたバランス感覚が素晴らしい。
 結論は、、、
 この作品、巧い!
 この日のこの時間の空気感を余すところなく表現しておられるのだ…… 
  (寸評投稿 by トーマス青木)


    *人気ブログランキング参加中!
                 人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/775-7d6c4be5

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。