映画「山本五十六」を観終えて一言:面白くなかった!

  20120115a

 面白くない映画『山本五十六』を観た。
 観賞感想を書くと言ったから書くのであるが、感想として書くものが見当たらない。
 物足りない映画、その理由は、製作費の不足が問題か? 役者の質の劣化が問題か? 否、問題は映画製作の土台となった半藤一利氏の描く山本五十六像と近代日本史解釈に問題がある。 半藤氏の描く日本国昭和史と山本五十六像に問題あり。 さりとてこれはわずかに映画を通して感じたこと。 半藤理論には触れたくないが、半藤解釈論破のためには彼の著作を読まねばならず、読んでいない今は、これ以上に何も言えない。
 「半藤の五十六を読むべし」と、
山本五十六山本五十六
(2007/11/23)
半藤 一利

商品詳細を見る
 映画館を出たのちふと思ったこと、読みたいと思わせた(と思った)ことこそが、映画観賞後の瞬間的感想である。 いかに半藤が中途半端な日本近代の歴史解釈者か、如何か? 氏の本を読んでみなければシカと判別できない。等々、映画を観たからこそ、きょうび何かとものぐさな吾輩をして読書する気にさせた。
 唯一、この一点を以てして、この映画はりっぱな映画だといえる。

 ともあれ(山本五十六映画に関しては)、
何かにつけて表現がモノ足らず喰い足らず万事中途半端にて、結果として全く面白くない映画だった。(ま、ここいらは想定内にて、こんなもんでござんしょう……)

 しかしながら、
いろいろシナリオ展開と映画画面展開を回想していると、驚異的な名場面が脳裏に描き浮んできた。
 それは、コンピューターで制作したミッドウエー海戦場面だ。 同じことが言えるのは、2年かけてテレビで紹介された『坂の上の雲』のなか、日露戦争終盤のハイライト「日本海海戦」の戦闘場面である。 こういうコンピューター画面(動画)を制作するに、それなりの経費でそれなりの高品質な結果が得られるのか。  
総じて『映画・山本五十六』のこと、そもそも映画製作の根底にあるべき崇高なアイデンティティーは無く、製作者の映画芸術に対する個性は希薄、映画のテーマであるはずの『歴史で紡がれる日本の未来』への情熱は低く、ストーリー展開及び役者のセリフを通して半藤一利的思考回路の甘さが映画全体に垂れ込め、やらなくてもよい最後の締めくくりのセリフをだらだらと玉木のだみ声が映画館内に響き、これがだらしなく締まらない。 只々感心するのはコンピューターグラフィック画像のセンスの良さとクオリティーの高さだ。(投稿:エセ男爵)


    *人気ブログランキング参加中!
                 人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/773-e5f47095

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market