一箱古本市 in 呉市

20110424a
<添付画像>:呉一箱古本市『サイの目』さんのみせさきにて、

 行ってきましたよ!

 ひさしぶりに、「戦艦大和」誕生の地、旧日本帝国海軍のふるさと『呉のまち』へ、、、

 いやさ、今朝は8時20分のバスに乗って我が団地を出発。
 25分かかって横川駅(山陽本線広島駅の一つ西寄りの駅)に到着、僅か5分少々にて広島駅へ少し時間調整のためキッチャ店にて Coffee=break! さらに、9時28分発JR呉線快速電車に乗車し約30分。かくして呉駅に到着したのは3年ぶりか。
 懐かしいJR呉駅前は様子一転し、うらびれた『回顧の街』!乃至?しなびた(ひ!なびた)片田舎のまち呉市はいまや大都会に変貌を遂げてるではありませんか?!
 (ナヌ?! 35年前と比較してはいけませんぞィ)
 そんなおしゃれな呉駅前から堺川の川沿いを北にさかのぼること約6~7分、蔵本通り沿い中央公園『集いの広場の一箱古本市会場にたどり着いたのは、午前10時15分頃だった。 近いようで遠い、遠いようで決して近くはない、我が家から呉市内の古本市会場迄の所要時間は? 乗り継ぎ時間を含め1時間30分。 これ、ほとんど我家から宮島迄の、時間と距離の感覚だ。

 「で? それが一体全体どうしたのだ?」と問われれば、

 な、なにをかくそう(何も隠すことは無いけれど)!

 実は、他の用事を怠け放り投げて、呉市にすっ飛んで行ったのです。

 今日は、現在進行形にて『天下の出版社リトルガリヴァー社』のホームページに連載投稿中の小説原稿は明日締め切りにて、本日は締め切りを目前にした未完の原稿と取っ組み合いをする予定だったにもかかわらず、予定を大変更して一目散に呉に向かったのは不肖トーマス青木であります。
 行き着いた先は、以下ご参照あれい!

 くれBookStreet 2011
 ”街のなかで本と人に出会える!”


 日時:4月24日(日曜日) 
       11:00~16:00(雨天中止)
 場所:蔵本通り沿い、
        中央公園・集いの広場
 問合せ:くれBookStreet実行委員会



 気になるお店にお伺いし、数冊購入し、お願いして画像を撮らせて頂いたのは『サイの目』(屋号)。 総勢約25店舗参加された様子。 それぞれ一箱に詰め合わせた程度の古本をはたまた場合により雑貨(仏ホン6割上出品に限る)を展示即売するのであります。
 いやいや、うら若き女性2人で出店されて、ちょっと気になる書籍があったので立ち寄った。立ち寄ったのは好いが、さて、如何せん!? 気に入った書籍があったので少し買いました。
 良い本がありました。
「良い本を早い段階で売って頂いてたいへんありがとう!」
 さすがに才覚のある『サイのメ』の経営者に喝采!
 楽しい半日でした。 かくして吾輩、既に帰宅し、これまた久しぶりのブログ更新です。
 ブログ更新にはそれなりの理由があり、
 まずは、サイの目の女性経営者二人に、お礼が言いたいから、、、。
 そして、朝一番でメール下さったMr. Ohkawa,,,
私を古本市に誘ってくれてありがとう。 
 いやなに、今朝は寝起き座間に『おおかわ書店』からメール入り、是非とも不肖トーマス青木メに対し「何が何でも呉の一箱古本市まで馳せ参じろ!」とのこと。

 本日天気晴朗なれど風強し(春一番か?)。

セーター一枚着こんで空っぽのタウンリュックを引っ提げ、呉までひとっ走りしてきました。 自宅出発の午前8時過ぎの時点、セーターだけではちょいと寒かったけれど結果これで良かった。

 さ、さて、と。 ちょいと一昼寝してから(おもむろに?否、おそるおそる?ボチボチと)執筆に取り掛かりますか……
 
                       (投稿・トーマス青木)

     *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/738-dabb5b51

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market