スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総括、参院選、、

20100714zx
<添付画像>「産経新聞朝刊『主張』(2010/7/13)より」
(撮影年月日)平成22年7月13日午後9時45分
(撮影場所) 自宅書斎
(天 候)  狂ったような梅雨末期的豪雨の最中


 先の日曜日朝(7月11日)、「今から参院選の投票に行く!……」等と、景気よく否、元気よく投稿したものだから引っ込みがつかなくなった。

 「言い得て妙なり!」と、

 毎度の如く「産経新聞の社説」すなわち産経新聞流にいえば『主張』欄(コラム)に於いてして1670数文字の記述がある。 このコラムには、ぴったり!「私自身の言いたいこと」が明記されている。

 したがって昨夜、「記事の切取り」を実行。

 そして今朝、ブログ記事として掲載する。(旅遊亭編集部)

        *人気ブログランキング参加中!
                    人気blogランキングへ

 ------- <以下、平成22年7月13日産経新聞『主張』より切抜き> ---------

主 張

   菅首相の責任

 やはり総選挙で信を問え

 問題は政権担当能力の欠如


 菅直人首相は参院選大敗にこめられた有権者のメッセージを正しく認識しているのだろうか。きわめて疑問である。
 首相は12日未明、自らの続投を表明したのに続き、枝野幸男幹事長にも続投を指示した。執行部人事や落選した閣僚の補充を含む内閣人事も9月の党代表戦まで先送りするという。これは大敗の責任を曖昧〈アイマイ〉にする開き直りである。
 首相が直視すべきは、有権者が民主党の政権担当能力に大きな疑問を抱き、「退場勧告」を行ったことではないか。民主党が主導する政権に対し、これ以上の迷走と失政は許さないというのが国民の意思といえる。
 野党の自民党などからは、衆院選解散・総選挙を求める意見が出ている。鳩山由紀夫首相が退陣した祭にも、解散・総選挙で国民の判断を仰ぐ選択肢があった。
 それをしないまま、民主党政権は鳩山氏から菅首相に首を挿げ替えた。今回は菅首相が自ら進退を決断すべき事態である。それができないなら、民主党はやはり衆院選で政権の続投の是非を問い直すのが筋である。
 参院選は政権選択選挙ではないが、そのときの民意が示されることで、政権がたびたび交代する事態を招いている。

  [曖昧化は党の体質]
 例えば平成10年参院選では、所得税の恒久減税をめぐる発言を二転三転させた橋本龍太郎首相(当時)が自民党の獲得議席を44に減らし、責任をとって退陣した。
 菅首相は大敗の原因について、消費税増税を唐突に持ち出した説明不足は認めたものの、「改めてスタートラインに立った」と自らの責任論をかわした。枝野幹事長に対して「職責を全うしてほしい」と続投を求めたのは、執行部だけに責任を転嫁しにくかったからではないのか。党内には幹事長辞任論が残っており、きわめて不透明な決着といえる。
 首相は、政治と金の問題を生じさせた鳩山前首相や小沢一郎前幹事長の政治的・道徳的責任を不問にした。責任の所在を明確にしない民主党の体質がある。
 不思議なのは、落選した千葉景子法相を9月まで続投させるとしたことだ。
 仙石由人官房長官は「行政の継続性の観点から、続けていただくのが望ましい」と説明している。落選した人物をそのまま起用することが果して民意に合致していると言えるだろうか。
 民主党の政権担当能力への疑問は、鳩山前内閣時代の迷走に留まらない。参院選での消費税増税をめぐる菅首相の姿勢に表れたことも大きい。消費税の全体像や使途を十分に説明することのないまま「10%」の税率に言及したほか、低所得者対策の還付制度をめぐり「腰だめ」の所得水準を口にしたことなどだ。
米軍普天間飛行場の移設問題では、辺野古移設に向けた日米合意を受け継ぐとしているが、沖縄側の強い反発で実現困難な状況は変っておらず、日米同盟の空洞化を放置したままといえる。

  [試される野党共闘]
 改選第一党になった自民党、第三勢力として活躍したみんなの党は、民主党の過半数阻止という目標を達成した。
 今後は衆参両院に「ねじれ」が生じた状態を生かし、どのようにして政治の方向性を是正していくかが課題となる。
 最初の試金石は、参院議長人事をめぐる野党共闘を構築できるかどうかだ。みんなの党の渡辺喜美代表は、次期参院議長は野党側から選出すべきだと主張し、自民党なども検討に入っている。
参院議長は参院第1会派から出すのが慣例とされる。だが、民主党出身の江田五月議長は通常国会で首相問責決議案の採決を見送るなどした。
 こうした事情から、渡辺代表は「前代未聞の国会運営をした江田議長には代わってもらわねばならない」と批判している。議長あるいは議院運営委員長のポストを野党側が確保し、主導権を握れるかどうかがきわめて重要だ。
 野党共闘をまとめていく上で、とりわけ自民党の力量が問われている。
 自民党は選挙区で民主党を圧倒したものの、比例代表では民主党になお水をあけられている。今回は自民党が国民に評価されたというよりも、民主党への失望感が大きかった部分がある。
政権復帰に向けて、国益や国民の利益を守ろうという「保守の存在意義」が試される。〈2010.7.13〉


   -------------- <……以上、切り抜き終り> ----------------

     *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ

Comment

[501] >黒田さま…

コメントありがとうございます。
政治問題に限り?産経新聞しか「読んでいて面白い記事」は(他の新聞には)見当たらないのです。
何故落選したか?その理由も状況の解らないおばさん議員が、今度は(一社会人として)閣僚に残る。だなんて、まるで半世紀以前の学級委員選びと同じですよ。国民をなめたらいかん。ま、菅内閣は今年いっぱい持たないでしょうし、民主党政政権の崩壊も早まることを願っています。でないと、ほんとうに(秒読みで)日本が沈没します。

[500]

やはり産経新聞は斬れ味が違いますね(^^♪
私も同感です。民主党が野党時代には同じことを口酸っぱく言っていたんですから。

でも実際には落選大臣が居直っていますからね…。油断大敵といったところでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/711-b7ba7190

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。