わたしが海外生活で見つけたもの

x20100630aa
<添付画像>『私が海外生活で見つけたもの』女性100人の海外体験
(撮影年月日)平成22年6月10日
(撮影場所) 自宅庭先
(天 候) 快 晴

 日本人女性100人が、海外で体験してきたことを一冊にまとめた『珍本』? 2004年度発行の、旅行ガイドブックです。
 久しぶりに眺めてみると、何とも、今のご時世とは比較にならぬほどに、日本人女性の優雅な海外体験談(但し表面的)が羅列されている。
 100人の女性によって書き著わされた体験談義内容は(お一人当たり)1~2ページに割り当てられ、タイトルと写真と体験内容等、かいつまんで発表されている。ま、しいて言えば「詳しい名刺」か?はたまた今流ブログの自己紹介的な「写真入りの簡単な海外体験履歴書」が網羅された、日本人女性風海外体験談的カタログ総集編、と表現したい。
 な、なんと、この一冊が出来上がった当初(2004年)、不肖トーマス青木は、いい年こいて、自分の原稿を売り込みに上京を繰り返していたのであります。厚かましくも、著名な大手出版社の編集長クラスにお会いし、熱く出版に対する自分の志を語っていたのでありまして、そのどさくさまぎれに「この一冊」を紹介されたような、山手線水道橋駅付近の老舗喫茶店内にて長時間髑髏巻いての雑談彼是且つ各種出来事、そんな古い昔の記憶が走馬灯のように蘇ってきました。
 この本が出来上がった当初、出版社のプロジェクトチームの某氏曰く、
 「この本が売れないんですよね~……」
 「どうして売れないのですか?」と、私は単純な質問をぶっつける。
 「どうしてなんでしょうね、売れるように編集したつもりですが売れない、(我々プロとして)その理由が解らないから、だから(しろうとの)トーマス青木さんにお聞きしているのです」
 「……?」当時の私には、出版のプロの質問に、何も答えられませんでした。
 さて、今ならどうか?
 たぶん答えられます。
 でも、いささか『的を外し』て、一言。
 これとよく似た本があります、これ以前に(たぶん1980年代後半頃?)、、、。これと同じ様な『旅先での体験談』を本に纏めたものがありました。それは国の内外を問わずJALのスチュワーデスが体験した談義をまとめ本、特に旅先でのおすすめレストランと有名ブティックを訪れた時の自慢話を集めた本だった。
 今でこそエアーホステス?昔は憧れの職業(実は空のバスガイド?)だった航空会社客室乗務員の体験談だからこそ、他人さまが手にとって「読もうか?」と、思案しただけのこと。であって、これが一般人の自慢話となると、ひと様が読もうとするかどうか? スチュワーデスがまじめに遊びの本書いて、素人女性がふざけて仕事もどきの本書く?(実際はその逆だったかも…)そんな奇天烈(キテレツ)なご時世なのですねぇ~ しかもいずれも旅先での出来事でして、足が地に付いていないというか何と云うか、こんな本書いて売れるのですかねえ~…… ま、自分達(100人)の知り合いが買って下さってようやく売れる、そんな一冊です。
 「何が切っ掛けで、その本が売れるかどうか!その理由は?」
 「本屋に並べていても本なんて全く売れません、その本を書いた著者の知り合いの数だけ売れますです……」
(と、答えて下さった某大手書店の創業者のお言葉より、引用……)
 要するに、
素人または駆け出しの作家の本が売れるか売れないか。その理由は、書かれた本の中身がしっかりしているから売れるのではない。本を書いた人が自分の書いた本を売りこんで、ようやく販売部数が伸びるのだそうです。
 でも、ほんとうの本の魅力や良し悪しの判断基準になるものは、その本が売れるか売れないか、ではなくて、やはりその本に書かれている内容の是非の問題だと思います。となると、さてこの一冊、今あらためてページをめくれば『それなりに気付くこと』があります。 あれから『体験ツアー流行』の時代に変り、なにごとも体験体験。体験こそ価値あり。と、世の中たいけんの大合唱です。 なさけないくらいに一筋に、一直線に、やたら『体験』を重んじる(よぉ~わからんよ~になった)ご時世なのです。
 それで今、観光以外の目的を持って外国に出かけて行こうと考えている人にとって、身近で真面目な参考書になるかも……(トーマス青木)

                  z20100630bb
ps: な、なんですって?
 6~7年前の海外旅行体験なんて、もうすでに陳腐で時代遅れの出来事且つ体験ですって!?! ……そうかもしれませんな。 まぁ どの道、足が地に付いていない状況を、日本語と云う活字で紙に描くばかりの「エセ出版物」ですか……


 
  *人気ブログランキング参加中!
                       人気blogランキングへ

-----------------------------------------------------------

 「女性100人の海外体験」? 泣いた、笑った、驚いた、
 留学、インターンシップ、ボランティア etc. 今を生きる女性たちが其々に外見した世界各国での『自分探し』体験談。(本書、表紙より)

 1)整理番号:100608-08 「旅行・紀行文」        
 2)編 者: 主婦の友インフォス情報社「海外留学」プロジェクト 
 3)書籍名: 私が海外生活で見つけたもの(女性100人の海外生活体験)
 4)定 価: ¥1,400.- (税別)
 4)発刊日: 2004年7月1日 第一刷発行
 5)発行所: 主婦の友社
 6)ISBN4-07-242200-2
 7)その他:207ページ 単行本 ソフトカヴァー


わたしが海外生活で見つけたもの―女性100人の海外体験わたしが海外生活で見つけたもの―女性100人の海外体験
(2004/05)
主婦の友インフォス情報社「海外留学」プロジェクト

商品詳細を見る

-----------------------------------------------------------

  *人気ブログランキング参加中!
                       人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/702-b446a3aa

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market