スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「古本屋の旅遊亭」 with あまぞんドットcom

 昨日ご紹介した『旅遊亭のロゴ・マーク』の作成と同時に、いまや世界的な大書店となった『あまぞん書房』の中に、『旅遊亭の古本販売係』(こちらクリックにて、入れます)をスタートしました。
 6月15日から立ち上げから12日目? まだ、未熟。 『登録した本の冊数』にして100+数冊。 いまいち、50冊くらい足して150冊か? せいぜい200冊が自前書籍では数量の限界です。 その筋のツワモノの情報によると、登録古書数1000冊以上にならないと一人前ではないとの事。(トーマス青木的判断か?) となると手持ち書籍ではとても足りはしない。 ならば本格的に仕入をれして、トータル在庫ヴォリュームを確保するか?
 そこまで本気でやるか?
 1000冊のヴォリュームと言いますと、たいへんな量でして、一度3年前、小説『黄昏のポジョニ・ウッチャ』の初刊発行時に、出版社から我が家宛に250冊の新本届いた経験(体験か?)あります。 1000冊の1/4(250冊のパッケージ)は、既に承知。 1000冊のヴォリュームたるや如何(いかに)? これ、完全に想像できる。 この量になると、余程の本好きな人でも、さぁて、目の前に?否!目の前はおろか自宅マンションの一部屋が本で一杯になってもまだスペースが足りない?であろう程の本が山積みになると如何か? 等々あれこれ試行錯誤しながら、一度、

 「1000冊の本の山に囲まれて寝起きするのも良いか?」
等と、
 妄想の暴走にブレーキかけたりアクセル踏んでみたり、あれこれ想っている旅遊亭編集部一同です。

 勿論(お金さえ出せば)幾千?幾万!冊でもアマゾンで預かっていただけるのですが…  ま、そんなこんなで、とりあえず、 お恥ずかしい限りですが、今のあいだに、旅遊亭の本棚を覗いてやって下さいまし、、、。

                 <旅遊亭・書庫係>  


     *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/701-af79d9d8

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。