スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストリア・中欧の古都と街道

20100621x
<添付画像>『オーストリア・中欧の古都と街道』紅山雪夫 著
(撮影年月日)平成22年6月10日
(撮影場所) 自宅庭先
(天 候) 快 晴

 「トラベルジャーナル」を知らない人は、もぐりの海外旅行屋か? それほどに、一時代を圧巻した海外旅行業界誌『トラベルジャーナル』発刊の名著『オーストリア・中欧の古都と街道』は、中欧に添乗する海外旅行担当職員(今流でいえばツアーガイド?)の教科書的存在か。
 添乗員必携と来れば「人文地理」に「ヨーロッパ史」が科目となり、おおよそ紅山先生は歴史と人文地理の先生なのだ。 くだらぬ歴史学者の書いた中央ヨーロッパ史より、この本を読んでいたほうが面白い。 人文地理的な解説と相俟ってひと塊りの「包括的知識」として『オーストリア中心の中欧文化圏』が、この一冊で理解できる。 さしずめ「添乗員」(ツアコンという表現は馴染めず嫌いだ)御用達のみならず、勝手気儘な自分旅行を格調高く成し遂げようと志す本格派の旅人、はたまた中欧の歴史文化を真面目に勉強しようと思っている人、人文地理を包括的に理解しようと考えている読者にはぴったりの書。 きょうび、やたらダメ文章溢れる『旅行紀行文風単行本』の居並ぶ全国津々浦々の本屋さんに於いて、紅山雪夫氏の文章はツボを外さず且つ流麗で読み応えあって厭きない。(ほめ過ぎか?) さて、この一冊は絶版にて古書しかなく、今はプレミアム価格が付いている「おたから本」? 是非、アマゾン情報をご覧になって下さい。(トーマス青木)


  *人気ブログランキング参加中!
                       人気blogランキングへ

-----------------------------------------------------------
<書籍の記録>

【筆者プロフィール】

 紅山雪夫(べにやま・ゆきお)

 1927年生まれ。東京大学法学部卒業。旅行作家。毎年平均して30日間くらいは海外を歩きまわっているが、主な旅行先はヨーロッパとイスラム圏。趣味は写真、外国語、歴史、民俗、そしてどこでも歩きまわること。

 主な著書
 『ヨーロッパが面白い』上巻=神話伝説、キリスト教編 下巻=建築、庭園、美術工芸、生活編 『ヨーロッパのQ&A【キリスト教編】』 『ドイツの城と街道』 『イタリアの古都と街道』上巻=ローマ、ナポリ、ポンペイ編 下巻=北イタリア編 『スペインの古都と街道』 『イギリスの古都と街道』上巻=ロンドン、イングランド南・中部編 下巻=イングランド北部・西部、スコットランド、ウエールズ編 『不思議な国インド』 『不思議のイスラム トルコ〜エジプト・モロッコの旅』 (以上、トラベルジャーナル刊) 『ヨーロッパの旅とイギリス』 『ヨーロッパの旅 城と城塞都市』(以上、創元社刊)


 1)整理番号:100608-02 「旅の本」        
 2)著者名: 紅山雪夫(べにやま・ゆきお) 
 3)書籍名: オーストリア・中欧の古都と街道
 4)定 価: ¥1,800.-+(税)
 4)発刊日: 2000年10月31日 第1版第1刷発行     
 5)発行所: トラベルジャーナル
 6)ISBN4-89559-501-3
 7)その他:276ページ ソフトカヴァー

    
オーストリア・中欧の古都と街道 (Trajal books)オーストリア・中欧の古都と街道 (Trajal books)
(2000/10)
紅山 雪夫

商品詳細を見る

-----------------------------------------------------------

  *人気ブログランキング参加中!
                  人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/695-2ba2dd03

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。