スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライカの謎謎のライカ

Lica camera 20100611a
<画像> ライカの謎謎のライカ
(撮影年月日)平成22年6月7日
(天 候) 快 晴
(撮影場所)自宅庭先
  

 カメラ雑誌の記事の中、ライカと言えば長徳、ライカに関連する日本語書籍を探せば、なぜか田中長徳氏の書いた本が必ず目に入る。
 前世紀末1990年代後半の頃、書店のカメラ関係書籍コーナーに行くと、必ずや「田中長徳」という人物の名が溢れかえっていたけれど、今は如何か。
 この本を購入した頃、仕事の合間に(ブダペストから)ドイツのフランクフルトやミュンヘン、東スイスあたりを行ったり来たりしていた。 ドイツに行けば古道具屋や中古カメラの店を回り、古くても作動するカメラならば、手当たり次第に購入していたころのこと、ライカの事が良く解らなくて困っていた。 なぜ、何が、ライカに関して分らなかったのか、と言うと、ライカの歴史が解らなかったのだ。  ライカの歴史がわからないと、歴代のライカカメラの変遷が全くわからなくなり、その時代時代に製造されたライカカメラの特徴が全く解らない訳だ。 そのような状況で、旅先で若し、珠玉のライカ機材に出会っても、その価値がわからなければ対応が出来ない。 つまり価値の分からないお宝の購入を見合わせたり、あるいは法外に高価な買い物をしなければならなくなるかもしれない、そんな不安があった。 そんな不安を解消するために、何冊かライカ関連の本を買った。 そのうちの一冊がこれ、「田中長徳」(チョートクさん)のライカ解説本だった。 この頃のチョートクさんの執筆には特徴がある。 まずは文の趣旨が冗長だ。 もう書くことが見当たらなかったのであろう。 読んでいて、深く切り割く内容もなく、話をひっくり返して冗談を言うつもりであろうが、ご本人が冗談を言っているつもりで読者が喜ぶつもりが逆に不愉快且つ全く退屈になる。 この一冊『ライカの謎謎のライカ』の総ページ数は、何と309p! まぁ、はっきり言わせてもらうと、この本の内容は希薄。 この頃(カメラジャーナル新書⑧)になると、もう書くことが無かったのか勉強不足?はたまたお金が溜まって『書くと云うハングリー精神』を失われたか、その何れかに違いない。
 さて当時、同じくカメラ関連の情報を得るために、フランクフルトやミュンヘンの街角の本屋さんに入った。 立派な装丁で3~400ページもの分厚いカメラ辞典(年鑑か?)のような書籍に遭遇し、ページを捲ってみた。 間違いなく数ページに亘って、確かに自分の欲しい情報があった。 その本が欲しくなり、価格をみた。 驚いた。 何と、ドイツマルク(当時たぶん1マルク90円~100円程度?)85DMだった。 円換算しておおよそ8000円か? さすがに購入を見合わせた。 第一にその本がでか過ぎるから、旅の途中持ち運ぶには重いしかさばるという理由だ。 さらに第二の理由は、僅か3~4ページの情報を得るために購入するには高すぎる本だった。 そういう意味からすればこの一冊「ライカの謎謎のライカ」の退屈的冗長な書籍も持っていて、損はない。 そう、300ページのなか、僅か3ページでも役に立つ部分があれば良いか。 そういう役に立つページがこのチョートク本に見当たるか? 間違いなく1ページ以上、役に立つ記述があります。(投稿・トーマス青木)

    *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ

-----------------------------------------------------------
            
20100611b (本書裏面)

 1)整理番号:100607-05 「カメラ機材」
 2)著者名:田中長徳 著 
 3)書籍名:ライカの謎 謎のライカ (なぜライカだけがライカなのか)
       フォトジャーナル新書⑧
 4)定 価:本体¥1,400.-+(消費税)
 4)発刊日:1997年5月1日 新装版第1刷発行 /1994年12月14日 初版発行
 5)発行所:株式会社 アルファーベータ
 6)ISBN4-87198-507-5
 7)その他:309ページ ソフトカヴァー 新書版


   * 旅遊亭Price= \380.-
   
  
ライカの謎 謎のライカライカの謎 謎のライカ
(1994/12)
田中 長徳

商品詳細を見る


   --------------------------------------------------------

    *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ

Comment

[497] >マドレーヌさま

コメントありがとうございます。
前時代のフィルム使用(or 仕様?)カメラのこと、こうして記事書いていて、懐かしくてたまりません。
カメラ教室に通っておられるとのこと、カメラ目線で観察されること、いいですね。
ブログ記事、ますます充実ですね!
またお伺いします。

[496] カメラ関係の本!

i-260こんにちは!
カメラ関係の本がたくさん紹介されていますね。
最近、デジカメ教室に通いだして、日々歩いているだけでも、世界が違って見えるようです。
カメラの世界、奥が深いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/683-eee675ee

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。