軍事頭脳を持っているか?

20100610a
<添付画像>「軍事頭脳を持っているか」
(撮影年月日)平成22年6月7日

 本著『軍事頭脳を持っているか』の購入日は、1998年3月27日。 なぜか今朝は、この一冊を買った当時を振り返りたく本棚を探ると、やはり出てきた。 あの頃愛用していた「Letts 1998 appointment」が残っている。 ダイアリーに記した記録を辿ると、ハンガリーから帰国して半年、一段落していた時期だ。
 1997年の秋、初めてパソコンを導入して半年経った、ますます調子悪い!云々……、まだまだワープロ代わりにパソコンを使っていた頃の事、あれこれ書き記るされている。 最初に購入したNECのサブノートパソコンを初心者且つド素人が酷使したため僅か3ヶ月で3回メーカー(NEC)のドック入り、つまり3回ぶっ壊した。 当時のサブノートパソコンのひ弱さに辟易し、ようやくIBMのデスクトップ導入を考えていたころだった。
 本日本論、この一冊のこと、既に12年前の遺物かと思いきや、日本国民?否、似非宇宙人的鳩山首相の勉強不足に端を発し(,,, not only A but also B,,,)沖縄県民のみならず日本国中(騒いだのはマスゴミ<増塵>だけか?)こぞって大騒ぎした「普天間基地移設問題」に象徴される如く、一億総小児麻痺化した日本国民は皆!軍事音痴は一向に変わらず症状悪化の一途をたどっているか? そんな我が国をとり巻く「世界軍事政治環境」を鑑みて、今一度読みたくなる一冊。 長谷川慶太郎氏の「軍事頭脳を持っているか」は今も尚輝きを放つ生きた軍事論文であり、僅か2~4年の間に陳腐で使い物にならなくなるような、不良出版物似非自己啓発本ではありません。
 20世紀末の東西冷戦終結と供に、イランイラク戦争から端を発した中東イスラム教世界住民の極端なキリスト教嫌悪を真の理由に聖戦を騙りつつ私利私欲のゲリラ的暴力がのさばる「21世紀的軍事不安時代」の今、朝鮮半島を拠点とした挙国一致的暴力団国家(N.Korea)の脅威にさらされている今日、超極左思想を政治活動開始の根拠とするカンチョクジン*日本国首相の基に我が国家の不安定な安全保障を委ねなくてはならない超社会主義傾倒なる政治基盤の恐怖を感じなくなっている鈍感的今日。 あらためて日本人のひ弱さ、特に日本人男性の宦官化を嘆いている、そんな今朝の旅遊亭編集部一同なのであります。
(投稿;旅遊亭編集部)

注* ≒たぶん「管直人」か?

    *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ


   -----------<書籍プロフイール>-----------------

 1)整理番号:100607-04 「軍事」
   ISBN4-413-03064-8
 2)著者名:長谷川慶太郎 著
 3)書籍名:軍事頭脳を持っているか (日本人は無防備すぎないか)
 4)定 価:¥1,460.- (税別)
 4)発刊日:1997年3月20日 第1刷発行
 5)発行所:青春出版社
 6)その他:単行本239ページ ハードカヴァー 四六判
 * 旅遊亭PRICE =\420.-

【著者プロフィール】
長谷川慶太郎(はせがわ けいたろう)
1927年京都生まれ。1953年大阪大学工学部卒。業界紙記者、証券アナリストを経て、現在国際エコノミストとして活躍。独自の先見力は国内外を問わず評価が高い。1983年『世界が日本を見倣う日』で第3回石橋湛山賞を受賞。『日本はこう変わる』他、ベストセラー多数。

  ----------------<あまぞんてき付録>----------------------

軍事頭脳を持っているか―日本人は無防備すぎないか軍事頭脳を持っているか―日本人は無防備すぎないか
(1997/03)
長谷川 慶太郎

商品詳細を見る

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/682-ea40f557

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market