スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックカメラ 雑学ノート

20100609b
<添付画像>クラシックカメラ雑学ノート

 なぜに「この本」を買ったのだろうか?
 先ずはこの一冊を買った頃は何をしていたか? 等と、自分自身の歴史の一頁を開こうとしている自分がいる。
 かれこれ10年、本棚に放りっぱなし。 それなりに埃と誇りを冠っている「古い本」を整理していて想う事いろいろあり。 友人に譲った本。 資源ごみ回収日に、新聞紙等と一緒にゴミ処理した本。 H銀行に寄贈した本。 この15年の間、かれこれ300冊以上の本が、我が書斎から消えてなくなっている。 その後が問題だ。
 本当に「この一冊」を読みたいと思う人の手に渡ったかどうか? 疑問です。 あれこれ回想しながら、今日もまた「この一冊」を紹介します。 

 佐々木果著『クラシックカメラ雑学ノート』。 巷にあふれかえるカメラ機材関連書籍の中、佐々木果氏執筆のこの本、素晴らしい一冊です。 アマゾンを検索すると、それなりの数量が出ているのです。
 1円ぼん?
 全くみあたりませんな。
 最低200円。 上限は1,300円近いものあり。
 トーマス青木の付けた「旅遊亭価格=\880.-」は、大正解です。
 もう、いつでも古本屋のタイショウになれますです!?!(玄人が聞いたら仰天か!お恥ずかしいです)

 <投稿・トーマス青木>


    *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ

  -----------------<書籍紹介>-------------------------

 1)整理番号:100607-03 「カメラ機材」
 2)著者名:佐々木果 著 
 3)書籍名:クラシックカメラ雑学ノート ― 旅立ち方、森への分け入り方、沼での足のとられ方、
 4)定 価:¥1,600.- +税
 4)発刊日:1996年3月25日 
 5)発 行:ダイヤモンド社
 6)ISBN4-478-96067-4 
 7)その他:261ページ soft cover B6判 


 * 旅遊亭/price = \880.-

             20100607xb

 【著者プロフィール】

 佐々木 果 (ささき みのる)

 クラシックカメラ研究家。
 1961年秋田市生まれ。 早大文学部卒。
 徳間書房に勤務の後、独立。現在、フリーライター・編集者。
 オフィスフェリアを主宰し、クラシックカメラ書の出版のほか、マンガ、アニメ、おたく系のジャンルの本でも広く活動している。
 編著書に「ぼくらのクラシックカメラ探検隊フォトトレイダー」(オフィスヘリア)などがある。
 最初に買ったクラシックカメラがプロミネントだったせいか、フォクトレンダーに関心が深く、出かける時はいつも鞄の中にヴィテッサが入っている。

 ----------------<あまぞん的記録>--------------------

クラシックカメラ 雑学ノート―旅立ち方、森への分け入り方、沼での足のとられ方クラシックカメラ 雑学ノート―旅立ち方、森への分け入り方、沼での足のとられ方
(1998/03)
佐々木 果

商品詳細を見る

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/679-657d25cf

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。