スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵書の整理:「ブダペシュト史」都市の夢 ‐A History of Budapest,,,

  20100605a
<画像>「ブダペシュト史(都市の夢)」
(撮影年月日)平成22年6月5日
(撮影場所)自宅の庭先にて
(天 候) 快晴

 ハンガリーの首都「ブダペシュト」を舞台にした人間の歴史を、もう一歩踏み込んで知りたい人には必読の書である。 よほど「ブダペスト史」に飢えておらるる研究者は別格として、一度に10ページ読み進めると確実に眠気を催す?睡眠前の眠気促進にもってこいの一冊。 とはいえ、随所に「貴重な歴史写真」はたまた「古地図(歴史地図)」など多数掲載されており、そんな画像を追いかけページを捲るのも好い。 ま、学者的文章に出くわすと何故かうれしくなる。
 ?
 いや、購入年月日が2008年12月24日(発刊日1007/11/15)にて、本来ならばとっくに読破しているも、正直申して未だ継読中、、、。
 1ページ目から最終頁(310p)迄を通読する必要のない?つまり、どこからでも読み始められる、情報をかき集めた「お宝てんこ盛り本」といったところは実にありがたく、さりとて古い順から年代を追った歴史書としての一貫性合い整っている。 東方のアジア大陸から西のヨーロッパ方面に向けて緩ゆると、5~600年かけて移動した遊牧の民マジャール人が8世紀頃、ようやく此の地ブダペストにたどり着いてから現在迄の約1200年もの間、ブダの街とぺシュトの街で何が起きたのか?を、懇切丁寧にお教えいただいているのがこの書「ブダペシュト史」。

    20100605d 
 ?
 当時(2年前)購入した目的は、継続執筆中の拙小説『黄昏のポジョニ・ウッチャ』の続巻を書き進めるための「参考書」として購入したもの。 今尚ブダペスト市内にその痕跡を残す19世紀に咲いた花「カフェ文化」の解説は、堪能しました。 カフェ文化の一説! これだけでも、すでに購入の目的は十分に達しております。 読みづらい文章は「学者の書いた論文」だから仕方のない事です。 且つ、本書の含有する「歴史解説書」としての価値は素晴らしく、私としては一生涯手放したくない一冊なのであります。 けれども、お宜しければ古本として「古本市」に出してもよい範疇の書籍です。 
 (投稿:トーマス青木)

   --------------------------------------------------

 1)整理番号:100605-01 「歴史-西洋史」
 2)著者名:南塚信吾 著
 3)書籍名:ブダペシュト史 都市の夢 / A History of Budapest.
 4)定 価:¥2,800.- (税別)
 4)発刊日:2007年11月15日 初版第1刷発行
 5)発行所:株式会社現代思潮新社
 6)その他:ハードカヴァー 四六判
  * 「旅遊亭」売価≒ \1,800.-

             
                        20100605c

  [著者プロフィール]
 南塚信吾(みなみづか しんご)
 1942年生まれ。 専門はハンガリー史、国際関係史、世界史。 現在(出版年月現在)法政大学国際文化学部教授。
 著書に、『静かな革命、ハンガリーの農民と人民主義』(東京大学出版会、1987年)『ハンガリーの革命』(彩流社、1990年)、『ハンガリーに蹄鉄よ響け:英雄となった馬泥棒』(平凡社、1992年)、『義賊伝説』(岩波書店、1996年)、『アウトローの世界史』(日本放送出版協会、1999年)など多数。

ブダペシュト史―都市の夢ブダペシュト史―都市の夢
(2007/11)
南塚 信吾

商品詳細を見る


   -------------------------------------------

    *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/672-0740d5ff

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。