スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮島歴史民族資料館のこと(No.-1);レヴュー「第7回みやじま雛めぐり」

miyajima rekishiminnzokushiryoukann

<添付画像>:「宮島歴史民族資料館」の入り口付近。
撮影日時:平成19年4月1日、午後1時過ぎ
天候:全面的に曇り空の一日、午後から時々小雨・・


 いささか時期外れになったけれど、あらためていまだに「第7回みやじま雛めぐり」の記事閲覧頂く読者は多く、うれいしかぎりです。 そして、来年の「第8回・みやじま雛めぐり」の比較資料として、手元にある資料を記事にしておきたい、、、。



 すでに当シリーズ記事の第一回記事にてご紹介の通り、計4箇所の「雛めぐり」公式会場をご紹介した。

 A.宮島歴史民族資料館
 B.小西家
 C.大聖院
 D.滝町集会所

 以上4箇所の公式会場のうち、まずは「宮島歴史民族資料館」に入る。

20070419150029.jpg

<添付画像>:資料館正面玄関入り口から一つ奥の間


 この会場、「歴史民族資料館」の建物は古く、江戸時代の宮島の豪商の一つとして醤油製造業を営んでいたといわれる旧江上家を修復改造したものが、現在の資料館である。 二階建ての母屋のこの場所この位置から上方を見上げる。高所恐怖症の不肖トーマスにとって、薄暗き空間を見上げるだけですでに恐ろしく気味悪く、建物の外見では想像できないほどに、高い吹き抜け天上となっている。

 吹き抜けの「二階にあたる部分」見上げれば、天窓から指し込む自然光を取り込む天窓あり。 現在、休憩所兼総合案内所となっているこの場所は、もともと商家の事務室あるいは作業場であった。

 これだけ薄暗いと、何もかもよく見えない。

 視力の弱い私は、昔の商家の人々の視力のよさに敬意を払う。

 この薄暗き家屋の中に佇み江戸時代を空想しつつ、当時の商家の喧騒を空想する。 もって歴史の痕跡の中に立ち、感慨にふけるのである。

保存民家(商家)01

<添付画像>:上記掲載画像撮影位置から、ちょうど反対側を向いて「母屋内部」を覗く・・

 ムム・・・

 「やはり『雛めぐり』イヴェントの開催中であるか!?」

 吹き抜けになった土間から母屋の中を覗けば、その数室には「お雛さま」や「雛壇」等、ひな祭りらしき飾り付けの諸々、視界に入ってきた、、、。

 撮影位置から右手に回り込むと、母屋室内に上がりこむ「見学者専用」の入り口がある。 そこで靴を脱ぎスリッパに履き替え、室内に入った。

商家の室内01

<添付画像>:母屋に上がりこんだ位置から母屋内部を見る


 な、なるほど・・・

 いくら豪商といえども、江戸時代の町屋にあった家屋である。母屋の部屋は、さすがに狭い、、、。

 それなりのフルセット?的「お雛さま」をひな壇に飾るとなると、今どきのマンションの一室は、「お雛さま」のワンセットにより、完全に占領される。
 
 江戸時代も、それと変わりなかったのか? なぜならば、(たぶん当時でもの)これは高級雛壇?高級お雛さまセットに違いなく、これだけ母屋のスペースを割かねば、これだけの雛壇はセッティングできないのである。

 なんだか、いくら考えても「よくわからないこと」が、よくわかってくる。

資料館パンフ01

<添付画像>:鑑賞当日に購入した「雛めぐり」パスポートと、資料館のパンフ画像、、


 「・・・?」

 かくして、そろそろ1ヶ月前にならんとする「みやじま雛めぐり」の回想記、レヴュー記事を書とめて於きたくなった。

 そして、今しばらく連載したい・・・


 <・続く・・>


 (投稿:執事のトーマス)

           BlogRanking!?

   -----------------------------------------------------------------

<添付資料>宮島に現存する「商家」のこと・・

代表的な民家のつくりと保存民家の母屋
宮島の古い町家は、間口が狭く奥行が深いのが特徴です。大戸から入るとずっと奥まで「通り庭」になっており、それに沿ってミセ(表の間)オウエ(中の間)ザシキ(奥の間)と続きます。オウエ(オイエともいわれます)には天井がなく、戸棚の上には神棚が祀られています。
現在、民俗資料館として利用されている旧江上家の母屋は一部補修されているものの、1800年代前半に建てられた宮島の商家建築の佇まいをそのまま残しています。茶室は改修に際して造られたもので、押入が取り払われ6畳の間としています。箱段(箱階段)は宮島では珍しく他家では見られません。また、庭に沿って造られた渡り廊下の外側には、明治時代中頃までは多く見られた出格子のある家並みを再現しています。


(以上、宮島観光協会HPより引用転載する・・



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/66-f58e36e6

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。