花岡拓郎先生共著本;『生きている文化遺産と観光』

20100429a
<添付画像>:論文集(Living Heritage:生きている文化遺産と観光)

 お待たせしました。
 今年3月30日に発刊されたばかりの観光関係論文集、すてきな本の紹介です。 そうです、『花岡拓郎先生』の本が出ましたのでご紹介します。 題して『生きている文化遺産と観光』。

生きている文化遺産と観光―住民によるリビングヘリテージの継承生きている文化遺産と観光―住民によるリビングヘリテージの継承
(2010/03)
藤木庸介神吉紀世子

商品詳細を見る

 建築デザインご専門の藤木庸介さんと10名の新進気鋭の若手研究者うちそろって、計11名。 それぞれ20ページずつの論文を合計して230ページにわたる、観光開発と文化遺産保護の共生に関する論文集です。 観光産業従事者ならびに旅行に興味のある人は必携必読の一冊、必ず手に入れなければならない宝物です。

20100427b Dr.Hanaoka

 そして、花岡先生の論文は、

第2部 伝統産業・文化を継承するために
5章 もてなしの文化を支える地域社会
  広島県宮島・厳島神社門前町……花岡拓郎

1 旅人の島
2 リビングヘリテージとしての門前町
3 日本三景としての景観づくり
4 暮らしに息づく信仰
5 門前町を支える地域社会
6 世界遺産登録がもたらしたコト


 中味は?と、問われれば、この著書のリーダーである藤木庸介先生の序文に「キッチリ」と要約解説されており、見事な文章は起承転結相整い、逐次論旨を述べられております。 読み終えて胸がスッキリします。 でもって旅遊亭読者の諸兄姉には是非ご一読いただきたく、都合(つまり関係先無許可で)カフェマガジン旅遊亭にてコピペ掲載します。是非続きを開いて読み進めて下さい。(投稿・旅遊亭編集部)
   ------------------------------------------------------

引用は、こちらから生きている文化遺産と観光(住民によるリビングヘリテージの継承)

生きている文化遺産と観光
住民によるリビングヘリテージの継承

藤木庸介 編著    装丁 河野綾

A5判・232頁・定価2730円(本体2600円)
ISBN978-4-7615-2480-7
2010-03-30 初版発行

   ■■内容紹介■■ 
 安易な観光地化が進む地域では、中身のない景観的レプリカ保存や、過度な商業開発による本来の暮らしと伝統文化の崩壊が生じている。 観光推進が地域活性化の突破口として注目される今、生活文化の保全といかに両立するかが重要だ。 世界遺産都市から小さな村まで、観光がもたらす地域の変容と共生への道を、11の事例に探る。


    ------------------------------------------

はじめに

 地域振興の手法として、各地における様々な文化遺産を活用した観光開発が注目されて久しい。特にこれは、社会的にも経済的にも停滞する地域において、諸活動を活性化させ、かつ、住民生活の維持と文化遺産そのものを保護するための社会的・経済的基盤をも形成する「切り札」として期待されてきたものである。
 しかし、こうした取り組みが、観光開発と文化遺産保護の双方において上手く機能している例となると、それほど多くはないようであるし、何とか軌道にのっている例においても、いろいろな問題を抱えているというのが、実際のところではなかろうか。
 実は今、観光開発と文化遺産保護をめぐる地域振興の現状は、かなり難しい局面に立たされていると言ってよい。そして、ここにおける問題の多くが、観光開発と文化遺産保護の双方に対する均斉確保の失敗に起因していると思われる。要するに、地域の文化遺産を保護しようとする取り組みに比べ、観光開発による経済活動が優先される傾向に問題の一端があるのではないか、ということである。
 例えば、昨今の「世界遺産観光ブーム」に、この問題の発生システムが読み取れるように思う。
 各地にはそれぞれ地域に特有の文化遺産があるが、関連する国や自治体は、これを世界遺産に登録しようと余念がない。その目的は言わずと知れて、ほかならぬ観光を活用した地域振興にあり、仮に世界遺産に登録されれば、観光に関わる相応の雇用と収入が保証されたようなものである。
 しかし、「世界遺産」という観光ブランドを得たことにより、あまりにも性急に進む観光開発と地域社会の間に様々な歪みが生じ、当の世界遺産登録対象に重大な変容を与えてしまった例が、世界中から幾つも報告されている。一方、観光ブランドの獲得に失敗した地域では、住民や行政の熱意も冷めて、何時しか文化遺産そのものの崩壊が進行するといった悪循環を招いている。こうなれば、貴重な文化遺産は二度と取り戻せなくなるだけでなく、観光開発による地域振興の術さえも失われてしまうことになる。
 そもそも今日、「世界遺産」と呼ばれる対象は、人類における普遍的価値を持つ文化、自然、あるいはその複合遺産を、ユネスコが設けた「世界遺産リスト」に登録して保護することを目的としたものである。また、異なる視点から見れば、こうした世界遺産リストへ登録されている対象は、確かに素晴らしいものであるものの、これらはユネスコによる一つの基準によって選定されたものに過ぎない、ということも忘れるべきではない。地域の特色を形成する文化的価値といった側面から見れば、世界遺産に登録されていない文化遺産がユネスコのそれよりも劣る、ということでは断じてないのだ。これは同様に、我が国における「文化財」の指定や、「重要伝統的建造物群保存地区」への選定といった制度にも当てはまると筆者は考えている。
 仮に一般に認知された観光ブランドはなくとも、それぞれの地域において培われてきた文化遺産を、地域自らが自信と信念を以て保護し、またこれを自律的に観光活用していくことが、地域振興の望ましい姿であることは言うまでもない。しかし実際には、これが難しい……。
 そこで、地域振興を行おうとする方々や、これに関連する方々において、先ず知りたいのが、観光開発と文化遺産保護をめぐる各地の取り組み方ではなかろうか。例えば上手く行っている所では、いったい何が上手く機能しており、そうでない所では、いったい何に苦慮しているのかといったこと。さらには、これらの要因は、いったい何処にあるのかといったことや、また、それを解決するにはどうすれば良いのか、といったことであろう。
 こうした疑問に対して、本書は観光開発と文化遺産保護をめぐる様々な試行錯誤を各地から集め、報告を行うものである。特にこれらは、これからの文化遺産保護を担う40代以下の若手研究者、並びにここに協調する方々によって執筆されている。したがって、慣例に縛られることなく、新たな眼差しを以て自らが地域に深く根ざし、多くの事例においてポジティブとネガティブ双方の事象から地域の取り組みを分析している。
 以上から、本書における各報告は、必ずや「観光開発と文化遺産保護の共生」を導くための有用な知見になり得て、本書を手に取って下さった方々のお役に立つことと信じている。 藤木庸介
 (以上、引用終り)

    --------------------------------------------------------

 次回、花岡拓郎先生論文の紹介をします、、、。


    *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/658-4dd20737

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market