スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マムシ警報発令 by 弥山クラブ・・

 弥山クラブを主宰しておられる写真家・藤原先生から緊急連絡メールを頂戴しました。

 その緊急メール内容とは、なんと、弥山登山道の路上に徘徊する「蝮(まむし)の異常発生」に関する情報です。 知る人ぞ知る!?というより、宮島人の間では常識的知識でもって、我々広島人には全くと言って良いほど知らされていない「宮島におけるマムシの存在」の事。

 3年前から宮島に出入りし始めた旅遊亭編集部員は、昨年秋口より包ヶ浦自然公園に逗留開始し情報収集し、このところ弥山クラブの方々とのお付き合いが始まり、鹿と放置猿とタヌキの楽園か?と勘違いしていた宮島は、なんとマムシの棲息する島であること判明した次第、、、。

             <投稿・旅遊亭編集部> 

     *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ
 

----- Original Message -----
From: "takao"
To: "Aoki Thomas"
Sent: Tuesday, August 11, 2009 9:44 AM
Subject: 宮島弥山倶楽部
> 日曜日に、弥山へ一人で登りました。
> 今年は、マムシが多いので
> 注意報を出したほうがいいですよ。
>
> 以下
> 雨だったので、。突然ですが弥山へ登りました。takao
> 朝起きると、。雨。
> 思い立って宮島に向かいました。
> この時期の観光客は、夏休みなどの影響で天候に関係なく宮島を訪問。
> 近隣の人は、天候に左右されるが、観光客は、雨だから中止ということはない。
> 8時15分、宮今口に到着。駐車場も込始めている。
> 宮島に到着、傘をさして、紅葉谷に向かう。
> 10時開店の商店街は、閉まっている店がほとんどで、閑散としている。
> 途中、オープンしている知り合いの店で立ち話をしながら、向かった。
> さすがに歩いて登る観光客はいない。
> マムシが多いので、注意して登る。
> 今日は、一人なので自分のペースで登ると、霊火堂まで何分でいけるか計ってみる。
> 雨のため、水冷がきいていて登りやす。
> 体調もよく、体も軽く感じる。
> 弥山登頂5000回を達成した徳永さんに出会う。5030回を超えたそうだ。
> マムシはもう心配ないかと思いながら・・・・。
> 道は、薄暗く緊張しながら道を注意深く見ながら登る。
> 八町石の手前、暗い場所の石段を登っていると、石段の枯れ草の中がかすかに動いた。
>
>090812b

> 1m前方。マムシがとぐろを巻いていた。

>090812a

>
> 「おっと」足を止める。少し下がって待つと。道の外に出て行った。
> 危ないところだった。
> 普通の観光客なら、たぶんかまれていただろう。
> 今の観光客は、マムシ自体を見たことがないだろうから、危険。
> ここからは、持っている金剛杖を持ちかえ、前をたたきながら進んだ。
> その後は、マムシに会うことはなかった。
>
> 天然橋を登った場所で、倒木発見。
>
> 結局、紅葉谷ルート登山口から霊カ堂までは、55分で登った。
> まだ、自己最速の50分は破れない。
> 普通観光客は、1時間から1時間30分。
> 休むjことなく登ってこの時間が、精一杯。
> 35分で登った人がいる。
> しかし、景色も何も見ていない。
> 弥山本堂の横で、むすびを食べ僧侶の方と少し話をしてのち、大聖院ルートを下った。
> 霊カ堂から大聖院山門まで何分?
> 結果は41分。かなり急いだ。
>
> 地元の方に聞きました
> マムシにかまれた時
> まず、携帯電話で119
> 自分が見えている景色を説明。
> それで、大体の場所が特定できるそうです。
> 必ず、宮島ということ。
> 電波状況では、江田島・岩国の消防署につながることがあるようです。
> ヘリコプターが救助に来ることになるらしいです。
> 救助隊が来るまで、 まず、することは心臓に近い場所で止血をする。
> すぐに死亡ということにはならないので
> 落ち着いて行動。
> 今は、水で毒を薄める方法らしく、血清を打つことはないそうです。
> マムシは、爬虫類。体温を維持するために、石段にいたりすることが多く
> 夜行性ですが、午前中でも目撃例は多いので
> 暗く、じめじめしたところで、餌を待っているようです。
>
> 目撃場所情報
> もみじ谷ルート  8丁石少し下の石段 
>
> 山崎さんから
    私は山、雨で、エサのカエルなどを狙ってるのでしょう。私はあのもみじ谷ルートでは9号堰堤あたりで会います。 岩が巣らしくある山では、決まって丁度休憩で休む大岩でとぐろを巻いて待っており、今回は3匹居ました。
> 大元ルート 17町(断崖の下)の少し上の石段(同じ場所で2回遭遇)
> 皆さん遭遇したら、場所を教えてください。 駆除するようにお願いをしています。
>


     以上、藤原先生からの情報メール、、

     *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

Comment

[490] >sakapoさま・・

こめんとありがとうございます。
年越しのコメントバック、たいへん恐縮です。

>弥山にマムシが出るというのは初めて知りました。
有名観光地だから安全なんだ、と安易に考えるのではなく、 ・・・
いや全くその通りでして、『宮島という所』は解らないことだらけで3年間も経過し、今年で4年目になりますけれども、、、。
話変わって、
sakipoさんの写真館、すてきですよ。
今年はたびたび伺います。
どうぞよろしくお願いします。

[481] びっくり!

こんにちは。ブログ再開されたんですね^^

実は私、学生時代の頃から時々一人でフラッと宮島を散歩してたんですが、弥山にマムシが出るというのは初めて知りました。
有名観光地だから安全なんだ、と安易に考えるのではなく、
きちんと周囲に気を配りながら行動する事も大事なんだなあ…と感じました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/612-16534779

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。