スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅遊亭休館のご案内・・

 カフェマガジン旅遊亭をお休みいたします。

 理由?
 それ、多岐に亘って いろいろいろいろ・・ と あるのですが言い訳&屁理屈一切語らずに、ここはあっさりと休館することに決定しました。

 読者の皆様には、長らくのご愛読を頂き、たいへんありがとうございます。 今後しばらくは、 エセ男爵酔狂記 Part-II に居候しています。 どうぞお立寄りください、、、。

   <投稿:旅遊亭編集部>

Comment

[474] >ふとかつさま・・

コメントありがとうございます。
休館?休刊!は、ひとえに編集長トーマス青木の気儘&気まぐれによるものです。
どうかお許し下さい、、、。
さて、トーマス青木氏の現在の活動を列記しますと、
A.5月から始まった『みやじま体験観光ネットワーク』業務のこと
(これ、ギャラ貰ってやっているから「扱い」が面倒で何かと始末が悪い!)
B.今年4月にしかたなくお引き受けした「町内会役員」のこと
C.加えて今年4月から始まった「お寺の総代」のこと
D.そして「カフェマガジン旅遊亭」運営のこと、
E.「エセ男爵記事更新の儘ならぬ」こと、
F.「夢心塾」活動の棚上げ
G.小説執筆活動の長期停滞
上述のどれひとつとっても不甲斐ない状態。
そんななか、
特にバッティングするのが宮島取材中心かつ冷淡風批判的な「旅遊亭・記事」と、宮島観光事業に直接携わる「みやじま体験観光ネットワーク業務」の同時進行は、まさに二律背反的な思考回路を必要とするものになってしまいそうで、どちらか一方のみ『表現』しなければならなくなったのです。ならばギャラ頂いているネットワークの活動に絞らなければならなくなったわけです。
例えて云えば、
ハンドブレーキを引いたままでアクセル全開にし、クラッチを繋ぐような行為そのものに感じてしかたなくなったのです。これ、まさに非理論的な訳の分らない行為です。が、それが現実ならば、まずは、ハンドブレーキを戻し、アクセル半開きにし、クラッチを徐々に繋いでみます、、、。
つまり、
トーマス青木率いる旅遊亭編集部としては、少し頭を冷やしてから出直します。

[473]

こんばんは。
このブログを休刊されるのですか?
よく読ませていただいていただけに残念です。
とりあえず、エセ男爵さんのほうを今後は訪問することにします。
また、こちらを更新された際はお知らせくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/610-ef14740a

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。