スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロ風味の「珍品市車」?(1)

95%市内電車001

<添付画像>:広島市電のレトロ的珍品電車・・
撮影日時:平成19年4月14日(土)午前11時半頃
撮影場所:広島市横川駅前広場・市電発着ホームにて・・



 見ましたよ・・・

 レトロな電車を・・・

 いや、

 どうって事はないのです。

 ある晴れた日の朝、横川駅に鎮座まします「レトロ・バス」を見たくなって、わざわざ横川駅に出向いたところ、ちょうど「横川駅~江波」を往復する市電にめぐりあったのです。

 おもわずデジカメのシャッターを切ったのであります。

 なんてことない!

 デジカメのシャッターを切った瞬間から完全に、瞬時にして「ガキの心」にタイムスリップしてしまったのです、、、。

 よく晴れた日の週末、午後の1時から始まる某ミーティングに出席する予定にて、
 「その前に横川駅ターミナル広場の、レトロバスを見ておこう!」
等と、もともと物見遊山的気分の週末、、。 早めに横川駅に着いたのです。

 レトロ電車をみたとたん、「がきの心」丸出し!

 「午後1時までにはまだ時間あるぞ。よし!この電車に乗ってみよう・・・」

 かくして、発車寸前のレトロ電車に飛び乗ったのであります・・・ 

 毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)

95% 市内電車02

 思っていた以上に、何とも狭い電車内、、、。

 な、なんと、

 今どき、ワンマンカー運行の時代に珍しき車掌さんも乗車しておられるぞよ!

 かいがいしくも乗客の乗車券の検札? 両替? などなど、人件費の高いこの21世紀初頭に於いてして、いかにも仕事モドキの動きをなさっておられるから、面白い。 これは「見世物電車」に相違ない!と、あらためて気付きつつ、いかにもレトロ的風情を楽しみながら、「ガキの心」はさらに膨らみ大きくなり、あろうことか、今まで一度も試みた事もない「市電内の撮影」に挑戦か、、、。

 「・・・?」

 そりゃそうでしょう・・・

 いかにも知恵遅れ的な「中年不良的愚行」である事、乗客の方々は既に、不肖トーマスの行為を馬鹿メられておられる事か、、、。 一日明けた本日、あらためて恥じつつ赤面している最中です。

 おっと、たいへん申し訳ないです。

 「・・・?」

 「いや、なに、各種広島市民を写し込んでしまって、、 肖像権違反を唱える御仁? いらっしゃいましたら、どうかお許し下さいまし・・・」

 「・・・?!」

 「ハハ・・・! 恐縮です!」

 仰せのとおりでして、あろうことか、我がデジカメの方向を向いておられるスーツ姿の若者のご尊顔を写し込んでしまいました。

 どうかお許し下さい。

 ま、しかし、その、週末にもかかわらず、真面目にお仕事をなさっておられる姿であろうと解釈し、御社の上司の方々には「好ましくご理解」を頂けるものとして、ご了解下されば幸いです。


 (投稿:不肖トーマス)

 <この記事、少しばかり連載します。次回をお楽しみに・・・>     


   *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

 * 『広電』ホームページ!こちらから入れます・・

Comment

[24] >ふかさん(2)・・

再コメントです!!!
>車掌さんの帽子は・・・いつもこんな感じでしたっけ?特別にこの帽子なのかな?・・・
上述、ふかさんからのQuestion!
今朝所用あってバスと電車に乗ったところ、やはり今までとは変わっていました。
つまり、
緑色から紺色に変わり、帽子の形も少し変わっているようです。
ご指摘、その通りです。
広電の制服はもとより、その他一般、他人様の服飾にあまり興味なく、まったく気がつきませんでした。
追記コメントでもって、「ふかさんのご質問・ご指摘」に同意(遅ればせながら)、です・・・

[22] >刀舟さん・・

コメントありがとうございます。
きょうび、車掌さんはいないのです。
なんだか「広島駅の東隣」の横川駅は、レトロブームになっているようです。
実は、日本で一番最初に営業運行したバスが展示され、週末の「よく晴れた日」には、展示ルームから外に引っ張り出され、外部にて展示するのです。それが見たくて行ったのです。
でも、バスは展示室内!
たまたまレトロ電車が来たので「乗って遊んで」しまいました。

[21] >ふかさん・・

コメントありがとうございます。
・・・なぜか、レトロ!!
なんだかよく解りませんが、レトロブーム?いまどき流行なのでしょう、、、。
車掌さんの帽子は、なぜか今、すでに数年前からこのスタイルです。
フランスOOO大統領のかぶっていた帽子のスタイル?でしょう。それともキューバのカストロご老体か?
私はあまり好きではありません。
そして、
似合う人と似合わない人いますけれど、、、。

[20] こんにちは

車掌さん…
懐かしいですね。
私が小さい頃(未就学時)は、
バスによってはまだ車掌さんがいたような…
微かな記憶があります。
今の時代にはそぐわないかもしれませんが、
こういった風景も良いものですね。

[19] こんばんは

レトロですねぇ〜
いい感じです。^^
車掌さんの帽子は・・・いつもこんな感じでしたっけ?
特別にこの帽子なのかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/61-a6363545

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。