スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夕闇に包まれる大鳥居 」:宮島大鳥居100景 (第4回)

弥山と大鳥居 01

<画像>:宮島の大鳥居
撮影日時:2007/04/03 about 06:15p.m.,,
天候:晴天

 
 先回投稿の「夕日と大鳥居」の逆光線画像を撮影し終えた後、いよいよフェリ-に乗船し、出航後約3~5分経過して撮影した「宮島の遠景」、、、。

 これは、宮島に渡るたびに、幾度も見慣れている風景であり、全国津々浦々に居住する普通の日本人ならば、一目で判断できるはず。すなわち、日本三景一つ「厳島」の風景である。と、判別可能でしょう。

 しかし、この画像は「日没後」に撮影したもの、、、。

 刻々と迫る夕闇と競争しながら、性能悪しきズームの望遠(たぶん90mm相当の画角でしょう)を駆使しつつ、これまた慌てて撮影した「駄作」であるから掲載するには恥ずかし過ぎるけれど、実は意図あって敢えて本日記事掲載に及ぶ、、、。

毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)


弥山と大鳥居02

 この画像は、最初の画像のシャッターを切り終え、わずか1分足らずにて撮影したもの、、、。
 
 船の進行方向は、乗船客に「大鳥居を良く見せたい」との目的にて、少し曲がりくねって運行しているらしい。

 こちら、さらに性能悪しきズームレンズの望遠を強化し(135mm相当か? )、敢えて撮影に挑んだ。

 これだけ見慣れている「大鳥居と宮島」の風景を撮影しようという意欲を駆り立てられてしまったのは、何故か、、、。 撮影当時の気分を今になって思い出せば、おそらく、かなり夕闇迫ったこの時間帯に、まして帰路のフェリーから宮島を遠望した経験を持たないからであろう。

 しかし、撮影結果としての画像を見て、少し驚いている。

 2枚の画像を比較し、あらたに解った、、、。

 狭い島内に立隣する峰々の中、「最高峰」は、たしか弥山である。

 標高にして僅か、535メートル。

 決して高い山ではないけれど、なぜか無意識に、いつも、毎回、神々しく深遠な情感に包まれつつ弥山を眺めていたことに、あらためて気がついた。

 今になって、自分で撮影した弥山と厳島神社大鳥居の「風景」を、大切に残しておきたくなった。

 なぜなのか? その理由は、、、

 つまり、必ず視界に入る大鳥居と山々を、今日の今日まで、じっくりと眺めた経験のない事、これでよく分かった、。
 
 そして、たとえ駄作であろうとも、ブログ記事として掲載し、あらためて「Cafe&Magazine旅遊亭」の読者諸兄姉に、胸を張って「公開」したくなった。

 なんだか自分でも、不思議な心境なのです・・・・


 「・・・?」

 「え?なんですって?」

 「・・・!?」

 「いや、お恥ずかしい、、、。いまだに弥山に登ったこと無いのでして、、、」

 「・・・!」

 「ハイ! 分かりました。 よき日を選び、必ずや、今年の梅雨までには山頂まで上り、遠く四国連山まで見渡したい所存です・・・」

 そうなのです。 過去一度も、弥山に登ったことなく、登頂する気分にもなりませんでした。 かくなる記事をしたためた以上、一度是非、弥山の頂上に立った「気分」のご報告! 投稿します事、お約束しますです・・・

 

 (投稿:執事のトーマス)


*人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/59-f275b315

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。