スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱどるセンター in 広島県廿日市市大野エリア・・

090131a

 今からこの海のカヌーを漕いで渡られる(お帰りになる)目的地は何処か?お聞きしたところ、それは本土の廿日市市大野エリアにある「パドルパーク」に向われるとの事。 所要時間は約1時間とのこと。
 「今から一時間も漕いで帰られるなんて、たいへんですね!?」
と、お尋ねしたところ、
 「なぁに、ボツボツと、休み休みですから、如何って事ないですよ、、、」
と、返事が返ってきた。
 「でも、例えば宮島の連絡船フェリー等が進行方向を横切ると、大波が来て大変でしょう?このカヌーが海の真ん中でひっくり返ることもあるのでしょう?」
また初歩的な質問をする。海に出れば皆海の真ん中である。でも、丁寧にご返事していただけるからうれしい、、、。
 「そう、ひっくり返っても大丈夫なように、その為に、わざわざひっくり返って水中でパドルを使って復元できるよう練習しておくのですよ・・」
 「な、なるほど、、、」
やたら感心するばかりです。
 「一度、大野のパドルパークにお見えになりませんか?是非ご一緒に遊びましょう、一緒に練習しましょうよ!」 
 「。。。。!」
 ご返事できなかった、、、。  090131b
 幸いにもこの時、
 丁度この時に待ち人現れ、
 「トーマスさん、出艇の邪魔してはいけませんよ、みなさんお忙しいのですから・・・」
と、丁度この時(12月中旬の日曜日午前中)に「包ヶ浦でお会いしましょう、、」と、お約束していたご夫婦がお見えになった。
 何を隠そう!(いや、隠す必要は一切なし)
 このご夫婦はすでにもっと大型で太めの二人乗りのシーカヤック、云わば貨物船的シーカヤックをお持ちの方だったのです。
 お聞きすれば、やはりこの画像にあるような細身の舟艇は命がけの覚悟が必要だそうな。 そりゃそうでしょう。 おとなしい瀬戸内海といえども、相手は大自然。 大自然の真っ只中に漕ぎ出していくのだから、危険伴うし、やはり怖い。

 さて、
 雨雲に霞んでいる画像前方の山並みは広島市内のもの。 広島の宇品港から包ヶ浦桟橋へ直行する場合、約20分で到着する(らしい)。  といっても、この速度はフェリーボート(時速約40km程度か?)のものであるから、画像掲載のシーカヤックではどだい無理な話であって、たぶん2時間は掛かるであろう。
 オフシーズンはもちろんのこと今現在、海水浴シーズンになっても広島から包ヶ浦行きの定期船直行便は無いらしい。 昔は広島界隈から当地包ヶ浦までは全て、船で往来していたものだ。
 中国山地の観光地を開発するのも良かろうが、もう少し既成の瀬戸内海のリゾート地を見直しては如何なものか? 瀬戸内海国立公園は、国がつくった昔懐かしい前時代的観光用語なのだろうか?いまや、「国立公園」?「国定公園」?等々、漢字の羅列を見てもピンとこない。 猫も杓子も湯音栖子(ユネスコと発音する)自然and/or文化遺産指定を受けた場所だの建物だの、第一ゆねすこがどちらを向いているか判っていないおいさんやおばはんがわいわい囃し立てて、やっていることは空っぽだから、先が思いやられる。
 こういう大自然の造った宮島の自然遺産『包ヶ浦自然公園』を忘れてはいけない。 管理費がかかるからといって、目先の経費節減の為に、本来きちんとお金かけてやらねばならぬ「施設管理」を怠ってはならない。と、あらためて思うのであります。

    *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

                                          <投稿・トーマス青木>

   -------------------------------------------------

 *パドルパーク:(カヤックの魅力は無限大 のんびり海上散歩しよう・・)
 場所:広島県廿日市市物見東1-2-9 TEL:0829-50-4340
 営業:11:00~20:00 休日:火曜日(3~11月は無休)

 * 瀬戸内海国立公園:
 昭和9年に雲仙や霧島とともに我が国で最初に国立公園の一つとして指定されました。紀淡、鳴門、関門、豊予の四つの海峡に区切られた面積の広い海域が公園区域として指定されており、陸域・海域を含めると日本一広大な国立公園です。
 瀬戸内海国立公園の最大の特色は、大小1000あまりに及ぶ島々で形成された内海多島海景観です。また、瀬戸内海一帯は古くから人と自然が共存してきた地域であり、島々の段々畑や古い港町の家並などの人文景観が特徴となっています。 <詳しくはこちら(環境省HP)から・・>

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/558-94851462

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。