スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎゃらりい宮郷 [3/5] (回想記・第7回みやじま雛めぐり)・・

070410c


 『第7回みやじま雛めぐり』展示会場となっている「ぎゃらりい宮郷」には、雛壇の合間に「武者人形」も展示されている、、、。


<そのー1>

 こんなに立派な鎧を纏った「武者人形」の一団を見たのは初めてである。

 一見、戦の陣構えか? 武者の表情は、晴れやかにて快活。 何処から如何見ても、野戦戦場の第一線に陣取って、すわ、戦(いくさ)に対峙する!? とてもそのような表情にはみえない。 「鎧」を羽織るものの「兜」は付けていない。

 画像左手前にいる弓を携えた武者は、お供の家来であるか? すでに酒でも飲んでいるのか? 上方?つまり空の彼方を見つめ、なぜか陽気に浮かれている。 空中目掛けて放った「矢」は、鴨でも射抜き落としたか?

 この様子はたぶん(不肖・トーマスにして、日本伝統文化に対する無知無学なる得手勝手なる判断にて)、高い位にある「お殿様の狩の風景」であろうと思考するけれど、如何?・・・ 

 狩とは関係ないであろうと見える「右手前の郎党」ども2名は、今流に云う「弾き語り」はたまた「流しのバンド」に付随するプロの「踊り手」か? ひな祭りの雛段にも現われ出でる「五人囃子」の、笛や鼓を奏でる昔のバンドマンに付き従い、宴会を盛り上げる「踊り手」か? はたまた宴の席で酒を飲みご馳走を食らい、殿さまの許しを得て、興に乗った即興の舞いを始めた、酔っぱらいの家来どもか、、、。


(丁々発止!? 武者人形の表情と立ち居振る舞いの描写に感動された方、はたまた昔の人形職人の技、見事な表現力に心動かされた方は、どうぞ下記のランキングバーをクリック頂きたい!)
 毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)


<そのー2>

 さて、

違った角度からあらためて、気になる「お雛さま」に目を移す。

屏風絵巻070412a

よく眼を凝らしていただきたい・・・

 不肖・トーマスの「第一の驚き」は、雛人形の衣装である。 なぜか手編みのニット風?なる装い? すなわち、今まで見かけたことのない「雛人形衣装」ではないか!

 「・・・?」
    (反省の一つ!・・「ぎゃらりい宮郷」のオーナーにお聞きすればよかった・・・)

 それにもまして、驚いたのは「お雛様の背後」の屏風なのだ、、、。

 通常、ひな壇の一番上の段の背景になるは、せいぜい「金屏風」であるけれど、かくなる屏風は「某時代絵巻」の屏風になっているではないか、、、。

 「・・・!?!」

 「残念ながら、見落とした・・・」
  (時代絵巻の細部に視線を移し、ゆるりと時間をかけ、絵巻に描かれた絵画の鑑賞をすべきであった・・・)

 金屏風でない事は分かっていたけれど、しかし、こうまで微細に潜んでいる絵画には、とても気が付かなかった。 今こうして、画像の「画面」を視て、初めて気が付いたのであります。

 そうです。 撮影している時は無我夢中。 撮影に気分は集中! 舞い上がっているから思考判断力なく、屏風の絵の細部にまで「視神経」は行き届かなかった、、、。

 そうだ、、、
 来年の「第8回みやじま雛めぐり」も、ぜひ参加したい気分になった、、、。

 もう一度、同じお雛さまを観たい。 

 金屏風ならぬ、「絵巻屏風」に描かれた『時代絵巻』を、とくと鑑賞したい・・・・


 (投稿:執事のトーマス) 

 <・続く・・>



(先回掲載関連記事は、こちらからご参照いただけます)


 ブログンキング参加中!人気blogランキングへ

Comment

[18] >ふかさま・・

コメントありがとうございます。
写真撮っているときは、なぜか、慌てふためいているのです。
でもって、なかなか良い写真撮れません。
腕前を棚に上げ、いつも旧式デジカメの悪しき性能のせいにする、不肖トーマスです。
これを機会に、今後とも宜しくお願いします。

[17] おはようございます

コメントありがとうございました!^^
写真好きなので、写真がたくさんあるブログは気になります〜。
セーター風の十二単を着たお雛様・・・
かわいらしいですね〜!

[16] >あっこ*さん・・

コメントありがとうございます。
そう、今、広島です・・・
福岡と広島?
そりゃ福岡の方が、数段!格が上ですよぉ〜〜・・
またお伺いします。

[15]

こんばんわ〜
広島なんですね!月に1回は通過してます^^新幹線で。
広島に初めて行った時、ここ福岡に似てる。って感じました。好きですね〜

このお雛様の着物ステキですv-252

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/55-9a390794

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。