スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代サラリーマン気質

 12月中旬、関西在住の高校時代の同期生が忘年会を企画し、参加を依頼された。 久し振りに大阪へ行く機会が出来るのですぐOKする。 当然、同期生のトーマス青木氏にも声をかける。 「自分も参加したい」と心地良い返事が返ってきた。 仲間の幹事に連絡をいれる。
 「二人共、喜んで大歓迎します!」と、日時と大阪梅田の阪急三番街の待ち合わせ場所を指定される。
 当日、朝八時半広島駅新幹線口の喫茶店でトーマス氏と逢い、指定席券を購入し、ひかりレールスターに乗車し大阪を目指す。 発車してまもなく、車内販売の娘さんが来る。 自分はビールとつまみの甘栗を注文する。 トーマス氏はミネラルウォーターを注文した。
 大阪までは約一時間三十分ある。 日常的な会話がどんどん弾む。 声も少しトーンが高まる。 通路を挟んだ横の席のサラリーマン風の眠っていた二人連れの上司面をした一人が「うるさいな!」と呟くが、無視して話し続ける。
 我々の話は、
 『世界遺産の宮島を如何に守り、活性化させるか』
とか、
 『自分の義父が体験した第二次世界大戦時のアメリカ・ツールレイク収容所の歴史的な検証を行い後世に真実を伝えるべきだ』
その他、
 『ソ連のシベリア捕虜収容所で強制労働を強いられた父親の体験を記録に残すべきか』
等、
 熱く語り過ぎていたのかも知れない。
 でも、一応は周囲に配慮しながら会話は続ける。
 もう一回クレームを付けてきたら、(勝負するか!)と内心思う。 あくまでも専守防衛の自衛隊と同じ立場、相手が攻撃して手を出すまでジッとするしかない。 態度はえらそうにしているが、それ以上の特別な行動はない。 横顔をみていたら、こんな連中が今の日本の中枢を支える立場のサラリーマンかと自分の現役時代とつい比較してしまい、愕然とする。 どこかに出張して帰る途中の部下と上司らしい二人。 朝から寝ているほど疲れる仕事があるとは思えない。 新幹線の移動時間は貴重な時間であるはず。 寝ている部下を起こしてコミニュケーションをすることも出来ないのか。 自分であれば、明日の仕事や今後の対応等企業秘密以外の話題をうまく部下に話したり、自己啓発の為の指導や仕事上の悩みとか相談等を考えて対応が出来る大切な時間を有効活用する。 寝ている暇など無い。
 例え自分一人であっても、今の危機的な国際情勢から大不況に備えるための情報収集を幅広く可能な限り集める努力が必要だと思う。情報誌を活用し感性を磨くことも大事だ。
 前日の仕事で疲れていて、どうしても寝むりたいのであれば、声のトーンが高い我々に
「少し声を落としていただけませんか?部下が疲れて眠っていますので、よろしく」・・
程度の申し出が出来ないのか、不思議だ。
 サラリーマンは制服であるスーツを着ている時は、全員、営業担当者と思い行動することが基本姿勢である。 特に会社のバツジ(社章)をつけている場合は、社長も平社員も同じ、他人(よそ)から見られていることを自覚出来ない社員がいる会社に将来性は無い。
 不況の時代こそコミニュケーション能力を身に付け、逆に相手をファンにする位の気概を持った社員を有する企業が、世界大恐慌の嵐の中で生き延びることが可能だ。
 その後、新大阪駅に着いて警備の警察官とガードマンが多数配置されていてビックリした。 新幹線の列車の中で揉めないで良かった。
 新大阪駅から在来線に乗り換え、JR大阪梅田駅で降りて集合場所に行き同期生と再会。 高級居酒屋で酒宴。 カラオケで大騒ぎ。 青春時代に戻る我々に、大阪の夜は更けて行く楽しい時間(とき)を過ごしつつ帰路についた。
 再び新幹線の車内で朝の出来事を思い出し、日本の将来を憂慮してしまい、まったく眠ることが出来なかった。 トーマス氏と色々と語り合い、まもなく終着駅の広島へ到着する。
 「呉越同舟(ごえつどうしゅう)」・・
 「袖振りあうのも多少の縁」等、
 昔の人はいいことを言う。
 朝の新幹線の車内で遭遇した彼等サラリーマンを見て判断し、結論付けることは性急だと考えるも、敢えて苦言を呈したい。
                                          <投稿・ジェームス赤木>

    *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/515-60761d09

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。