スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖艶な色彩の?…

080509a

<添付画像>:我家の(ちょっとおかしな)つつじ
(撮影年月日):平成20年5月3日午前11時ころ
(天 候): 快 晴 

 計ったように、五月上旬に、初夏の太陽光線を一杯に浴びて、なぜか狂乱的に咲き誇る「変った色彩のつつじ」が咲く、、、。

 この赤色(橙色か?)は、理解し難く、意識的に眺めていると、(私の場合)精神的に落ち着かなくなるのです。 既に申し上げた通り、私にとっては「サクラの花」に続いて落ち着かない色彩が、この色合いなのです。

 観ていて、なんだか美しくない、なんだか落ち着かない、なんだか上品ではなく、とことん下品かもしれない。 観ていて純真清廉を感じなく、爛熟的にて妖艶に近い「何か?」を、感じてしまいます。 そんな色彩に、我が崇高な精神?を低俗世界へ、否、奈落世界に引きずり込むような、総じて享楽の世界に誘惑されるような気がしてならない。 そんな自分自身が、なんだか気恥ずかしくなってくるのです。

 ま、もともと曲がりくねった人生を歩んできた未完成的出来損ないの自分にとっては、それでも別段どうってことはないのですが、、、。

 ところで、これ、本当に「つつじ」だろうか? 恥ずかしながら、このジャンルに疎いトーマス青木め!なのであります、、、。

 この世界にお詳しい方にお願いです。

 まずは全体像を掌握して頂きたく、以下添付のサムネイル画像をクリックして当植物の全体的な「すがたかたち」をご覧下さい。

080509b

 この際、たいへんご面倒をおかけいたしますこと承知の上、あらためてお願い申します。

 草花のことをよくご存知の読者諸兄姉に於かれましては、「かの草花の名」など、ご教授下されば光栄です。
 
                                    <投稿:トーマス青木>

       *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/405-48032713

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。