スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ますらお殿下に感謝;「黄昏のポジョニ・ウッチャ」読後感のこと…

080410a
<添付画像:福岡市内フタバ図書の店先にて、「ますらお殿下」よりお贈り頂いた画像より>

 トーマス青木的には「ブログ記事更新」に難渋しつつ、加えて(特に今年に入って)時間の経過を忘却すること多く、妄想に瞑想や回想に回顧や懺悔から夢想へ自己嫌悪等々試行錯誤且つ精神的暴走に感情的急停止を繰り返し且つ休眠しつつ、あらためて今年2月中旬に頂いたメールを紐解いたところ、Cafe&Magazine旅遊亭&エセ男爵酔狂記 Part-IIブログの朋友最右翼、敬愛なる 『大和櫻塾・総監:ますらお殿下』から頂いたメールにたどり着いたのであります。が、あらためて貴重且つ栄誉あるシロモノであると判断。否、再確認!
 つまり、
 長編小説『黄昏のポジョニ・ウッチャ Part-I』の読後感ならびに当該書籍の「店頭展示」の画像を頂戴しているのでして、でもって、先ほど殿下に賞味期限切に近い感覚にて「お願い」のメールをお出ししたところ、快くご了解頂いたのでさっそくブログ記事に転載しました。  

                                       <旅遊亭:編集部>     

              -------------------------------------
 〔以下、平成20年2月9日付けメール本文〕
こんばんは。
 やっと読み終わりました。
 語調は、何となく、ブログの波長が感じられまして、男爵様、否トーマス青木氏の生来お持ちの物でしょうか?
 恥ずかしながら、「ポジョニ・ウッチャ」が地名であることすら存じませんでした。
 ヨーロッパとはいえ、東欧のハンガリーとは、なかなか舞台が面白いですよね。
 電車の運転席の横に立つ・・・・・何となく分かりますねぇ。
 ブログに出てくるビールと肴! 
 小説にも、嗜好はそのまま出るんですね。
 人物の描写が、私には分かりやすかったです。
 福岡空港が出てきたりして「それがどうした!」と言われても、ジモピーとしては、何だか嬉しい物ですね。
 話しは始まったばかりとも言えますね。
 次回が楽しみになりましたから、見事嵌ったかな?(´∀`*)ウフフ

 因みに「福岡大学」の近くの「フタバ書店」では、添付写真の様に、直木賞「私の男」の隣に並んでおりましたよ。
 ここはレジが大きなフロアの真ん中なので、置いてあったのは、入り口から二番目の棚の平積みエリアでした。
 こうやって置いてあると、「それは、ブタペストから始まった」というのは、結構受けそうですね。

 それでは!


Original letter from (The E-mail by Sir Masurao, 別称:トノゴジラ閣下)
      
      ---------------------------------    

てなことで、本日も、小説「黄昏のポジョニ・ウッチャ」!コマーシャル記事……
黄昏のポジョニ・ウッチャ黄昏のポジョニ・ウッチャ
(2007/12/10)
トーマス青木

商品詳細を見る

  「読んでやろうか?」と、興味をお持ちの方、はたまた「もう読み終えた」という方、
                                             右下の〔拍手〕を、、、
   絶対に 「読みたくない!」と、
                 お思いの方もそうでない方も、以下ランキング応援お願いします!!!

     毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)

                                            <旅遊亭:編集部>       

Comment

[373] >Freemanのママさん・・

コメントありがとうございます。
小説「黄昏のポジョニ・ウッチャ」を読んでいただき、たいへんありがとうございます。
今、頑張って続編を書いております。第二〜三巻も是非読んでください。
ところで、
>三十二年前に鷹野橋の房州って言う喫茶店に、すっごく美しいフランスから来たお嫁さんが、今のポワブリエの奥さんだそうです。当時も超綺麗な方でした。マジョリカ……
 ??
たぶん、昨年秋の旅遊亭記事に「ポワブリエール」のこと書いていますから、そのことですね?
過去記事ご覧頂いている。
うれしい限りです。
ありがとうございます。
そう、(昨年秋の当時)舟入店に中年のフランス人女性がいらっしゃいます。よく分ります。お若い頃は、たいへんお美しい方だったはず。今は?(私の眼から見れば)普通のフランス人のおばちゃん。でも、お菓子の味は絶品です。紅茶の味もすばらしい。そしてフランス人女性の日本語は、完璧です。
あ〜 またポワブリエールにケーキ食べに行きたくなりました。
ママさんとも、またお会いしましょう、、、。

[371] フリーマンです。

黄昏の・・・も、面白かったです。二作目が楽しみです。三十二年前に鷹野橋の房州って言う喫茶店に、すっごく美しいフランスから来たお嫁さんが、今のポワブリエの奥さんだそうです。当時も超綺麗な方でした。マジョリカ

[362] >tonoさん・・

コメントありがとうございます。
テンプレート換えて早一月?……
敢えて、商売や宣伝活動に不向きな額縁にしました。
さてこのたびは、
殿下から頂いたメールを一般公開のご承認下さったこと、たいへんありがとうございます。
あらためてあらためて御礼申し上げます。
>自分の手紙という物は、後で自分で読む物ではないと言うことが良く分かりました。 ……
何をおっしゃいますか!
殿下の手紙は、書かれたその時のメリハリやリズム芳しく、クールにて温かい文面は、殿下の個性そのものなのです。且つ、周囲の情景並びに殿下の感性などなど伺われ、私メにとってはかけがえのない宝物です。
感無量です。
かくして詩歌に疎い不肖トーマスも、慣れぬ一句を捻り出しまして、、、

  『手紙文字 何度読んでも 宝文字』 、、、

[361] アチョー

 こちらにも・・・
 ダブルヘッダーですね。
 テンプレートが明るくなりましたね。
 自分の手紙という物は、後で自分で読む物ではないと言うことが良く分かりました。

 出すと言う 二目と見ぬが 手紙かな
 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/378-0514cd16

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。