「みやじま雛めぐり」展示会場 (#1)"GuestHouse菊がわ"

菊がわ[]


 毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)


 あたらめて「第7回みやじま雛めぐり」ご案内に戻りたい。

 宮島港桟橋ロビー前広場から真正面に(南方)山手方向に、古い道がある、、、。道幅はかなり狭く、ようやく車が離合できる程度。人道と車道の区別なき「狭い坂道」を登ると直に、昔からの町屋の小路に入る。

 これを、町屋通りと云う。

 宮島港から徒歩にて僅か5~8分進むと、「Guesthouse菊がわ」にたどり着ける。

 先の記事にご紹介したとおり、「雛めぐり」会場には大別して2種類あり、まずは入場料を必要とする『公設展示会場』と、商家と民家による『私設会場』に区別される事は、先日(3月27日付)投稿記事にてご紹介している。
 さて、
 見学の第一目標を私設展示場『Guesthouse菊がわ』に定めたのは、それなりの理由ある。
 まず、
 「菊がわ」は宿泊施設である。
 大型旅館やホテルの類いでもなく、民宿でもなさそうだ。
 とにかく、
 宮島に存在する「この種の宿泊施設」を見てみたいという気分である。

 約1週間前に一度、地元の友人に案内してもらったにもかかわらず、元来の方向音痴はいまだ治らず、迷いながら、たまに行き交う地元の人に2~3度尋ねながら、ようやく「菊がわ」に辿り着いた・・・

 ウム、なるほど!、、、

 「雛めぐり」の会場である事を意味する「幟」?いや、「旗竿」か? ・・・を、確認し、おもむろに格子戸を開け、「菊がわ」の家屋内部に入りかけた、、、。

 「こんにちわ、、、。お邪魔します・・・」
と、
   まずはご挨拶の意味の常套句を発声する、、、。

 入ってみて、まずは驚いた・・・


 <・続く・・(4月1日掲載済、こちらから入れます



 *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/32-92768ca4

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market