スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢長逗留中の追憶

080126a

<添付画像>:厳寒の浅間山
(撮影年月日):平成19年1月下旬 午後4時過ぎ 日没30分前
(撮影場所):軽井沢レークニュータウン界隈より、北東方向に浅間山を望む…
(天候):粉雪降りしきる合間の超曇天 気温≒ about 零下4℃

 あらためて昨日撮影した我が家の庭の雪景色を眺めると、昨年の1月下旬の軽井沢滞在中を思い出します。 とあるマーケティング調査のため、平成18年晩秋から19年の1月末まで、長野県下(主として軽井沢)の保養施設や大型別荘の運営管理に携わっていたからです。
そもそも軽井沢の位置からして、すでに標高800m~1,100m。 平地との気温の差は歴然としており、だから避暑地なのです。 

 避暑地で冬を過ごすとドウナルカ?

 寒いに決まっています。 今年はもっと寒いそうです。

 しかし、こういう雄大な浅間山に出会えるのですから、うれしいです、、、。

 この画像撮影した頃は、日が暮れると直ちに零下。 明け方には-8℃まで冷え込み、正午になってよやく零上3℃? でも、施設内な完全暖房にて常に21℃。 常夏(tokonatu)ならぬ常春(tokoharu)?にて、すこぶる快適環境でした。 それに比べ、真冬の我が家の隙間風には耐えられない。 寒ければ、それなりに、しっかりと暖房設備を整えた室内で寛ぎたいもの。 しかしそれができない。 隙間風を防ぎようのない古びた家屋の我が家での越冬は、特に今年、いかにも骨身に堪えるのであります、、、。

     毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)

                                 <投稿:トーマス青木> 

 PS:もう1ヶ月、寒さにうちふるえながら、我慢します… 

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/318-f815c0db

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。