「Restaurant&Tea万世」(3/3)

焼き牡蠣01

 「お皿にアルミホイルの煎餅乗っかっているのか?」

 このアルミホイルを見た瞬間、なにが出てきたのか解らなかった・・・

 数秒経過すると、おおよそ何が出てきたか?解り始めた・・・

焼き牡蠣02


 これこそ「焼き牡蠣」なのだ・・・

   *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

 いかにも、ダイナミックである。

 トーマス君も我輩も、思わず手が伸びた。アルミホイルに添えてあった「千枚通し」を使って、牡蠣の殻をこじ開ける。1個、2個。3~4個こじ開ければ、最初は苦難した牡蠣殻抉じ開け作業は慣れてくるから「空け方」解ってくる。

 ただひたすら夢中になって食していた時そんな頃、忘れていたことを思い出した、、、。取材の鉄則!すなわち、まずは料理全体を画像に収めて食事スタートする。・・・これを忘れていた。

 ・・・そんなわけで、画像に納める前、すでに二人とも2~3粒の焼き牡蠣を平らげていたから牡蠣の個数は減っているけれど、アルミホイルに入っていた牡蠣の数は、間違いなく「11個」であった、、、。(10個プラス1個=11個! ・・・ならば、この1個は、レストランオーナーの気使い!すなわち、サービスであるか?うれしい限りである・・・)

焼き牡蠣03

 かくして画像の焼き牡蠣と、トーマス君ご愛用の煙草「KERNT」のロングボックスとを、比較していただきたい。

 ウム!
 殻をこじ開けた瞬間から、まだまだ十分に熱い牡蠣殻内部の水分はたちまち蒸発する。蒸発するから焼きたて牡蠣の表面は、いかにもカラカラに乾燥している様、画像から感じる。しかし、いったん食し始めると、牡蠣の実の内部から、牡蠣独特の風味を持ったホットな牡蠣汁溢れ出し、口の中にひろがる。この瞬間、牡蠣好き人間にとっては、美味至上なる「ひと時」を満喫し始め、繰り返す、、、。

 尚、
 レモン汁を少々振り掛けると、「焼き牡蠣の風味」尚一層増幅する。あるいは「万世お勧めのツケタレ」にて食すもよし・・・


 <「レストラン&ティー万世」ご紹介シリーズ!とりあえず、完了・・>

 (投稿者:エセ男爵こと、K男爵

       BlogRanking!?

 <「レストラン万世」シリーズ記事前回掲載分は、こちらから入れます・・

-----------------------------------------------------------
<レストラン情報>
 * 「Restauranto & Tea 万世」
 (739-0556)広島県廿日市市宮島町表参道(郵便局となり)
 TEL:0829-44-0134
 営業時間:たぶん午前11時頃から午後2時半頃まで?
 休日:独断と偏見、その日の気分による。いつ休日になるか?オーナーご自身サッパリわからないそうだ・・・

 <情報追記>:2Fには約45名のテーブル椅子用意されているこざっぱりとした空間あり。団体客用に造作したスペースである。しかし今、団体さんは断っているという。
 もったいない、、、。
 まぁ~ オーナーの気分宜しければ、団体も受け付けてくれるかもしれない。そんな時は一つ、早めに、「Cafe&Magazine旅遊亭」の記事を見た!等と、おっしゃって下されば、場合により「受付」して貰えるかも知れない・・・

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/30-f295d8a6

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market