スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正誤表(2);長編小説『黄昏のポジョニ・ウッチャ』

 記事更新ままならず、たいへんご無沙汰しています。

 毎年12月になると、何かと忙しくなるのがトーマス青木の日常でして、やはり今年もドタバタと過ごしているうちに、気が付けば、12月25日になってしまいました。

 昨日を以ってバタバタ&ドタバタのピークはようやく峠を越したようで、本日クリスマスの朝はホッと一息つきながらコーヒーを嗜むゆとりができました。

 しかし一息つくいとまもなく、長編小説『黄昏のポジョニ・ウッチャ』の誤植(印刷誤字)をお知らせしなくてはなりません。 まぁ、あるわ、あるわ。 数えれば、10箇所に及ぶ、、、。

 恥ずかしながら、以下の通り、あらためて正誤表を掲載します、、、。

                                      <投稿:執事のトーマス>

          毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)           

----------------------------------

     正 誤 表 (2) 『黄昏のポジョニ・ウッチャ』

1. p38-8行目 ドハバタと… ≒ ドタバタと

2. p38-13行目 様子はまさには昆虫の動きそっくり。 ≒ まさに昆虫の…

3. p40-11行目 竹内の姿… ≒ 竹中の

4. p91-9行目 コシュース・ラヨシュを… ≒ コシュー・ラヨシュを

5. p94-1行目 東回り、 ≒ 西回り

6. p124-9行目 まるで子供ようだ。 ≒ まるで子供のようだ。

7. p229-18行目 本田に伝った。 ≒ 本田に伝わった。

8. p 249 – 5行目 バリの下町の… ≒ パリの下町の…

9. p262-8行目 ナイトがウンを… ≒ ナイトガウンを…

10.p281-6行目 すぐに納得した。。 ≒ 納得した。(。の重複)


                            以上、

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/294-2ec5cf48

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。