黄昏の寝観音さま…

071129a

<添付画像>:黄昏時の寝観音さま…
撮影場所:宮島~宮島口間JRフェリー内より、
撮影日時:平成19年11月29日 abaut04:25p.m.


 冬の早い黄昏時、美しい寝観音さまを観た…

 本日午後2時より1時間30分、広島県立大学現代GP講座「厳島の歴史と文化」を受講した。 今日は第4回目「舞楽『抜頭』のやってきた道」と題し、同大学文学部の柳川順子先生の講義を拝聴した。

 柳川先生にして、
「舞楽は今年の元旦の早朝6時過ぎに、初めて鑑賞したのです……」
 と、おっしゃるのだ、、、。

 この3月より宮島探訪を始めた不肖トーマスにして、厳島神社祭典年中行事のなか、一年間で11回も開催される舞楽奉奏を一度も鑑賞したことがないので、恥ずかしい限りなのです。 いやその実、舞楽も雅楽も厳島神社の成り立ちとは切っても切れないはずなのに、私には関係のない世界の出来事でして、したがって舞楽や雅楽を知りたいと云う興味よりも、あの舞楽の色彩とお面の表情ならびに雅楽の旋律に対する嫌悪感の方が先行するのであります。

 ま、好奇心に駆られて宮島歴史探訪を思い立ったものの、やはり興味の持てない歴史ジャンルには好奇心も失せてしまうのです。

 しかし、舞楽を外して宮島歴史探訪は可能ならず!

 「今年のお正月あたりに、一度舞楽を観てみるか!」

 等々思いながら、ようやく見慣れ、そして、そのすばらしさの解り始めた「厳島の寝観音さま」を鑑賞しながら、宮島を後にした本日夕刻でした、、、。

  
毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)

                              <投稿:トーマス青木>

PS:連載記事「せとうち再発見in宮島」の報告記事は、また明日から…

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/281-e059451e

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market