スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第7回みやじま雛めぐり」パスポート入手?・・

 JR山陽本線「宮島口・駅」から連絡線フェリーに乗り換え、宮島港に着いたのは、午前11時過ぎでした。

 宮島港桟橋施設内に『雛めぐり特設案内書』が設けられている。そこで「第7回みやじま雛めぐり」パスポートを購入する。 (大人300円也を支払う・・・)

 不必要にもお2人揃って?否、十分すぎる人員2名構成なる受付担当者らしきボランティアのおばさまに「雛めぐりに参加したい!」旨、お訪ねたところ、さっそく添付画像の「お札?≒ Pass Port!」と、薄桃色(画像では薄山吹色に見えるか?)の「雛めぐり地図」を頂戴するものの、なんとなく「お雛さんをめぐる要領」がわからない。

      *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

雛めぐりガイドマップ01


 この手の案内の[専門家」でない事は一目瞭然。だから、格別の愛想もなく、必要不可欠なる事柄もご案内して下さらないから始末が悪い。

 したがって、こちらから聞いた、訪ねた、、、。

 何と、地図上には27個所ものマンガチックな「女の子」の漫画表示されており、そこに辿り着けば必ずお雛様が展示されているというから驚いた。

(ムム!?とても一日では周れない!1週間は必要でしょう?)

 そして、パスポートを提示しなくては入場相成らぬ場所は、
1.小西家
2.滝町集会所
3.大聖院
4.歴史民族資料館

 以上、
 4箇所のみである。
 ようやくパスポートの意味を納得しました。

 更に質問しました。
 「入場制限の無い展示場所での、お勧めは何処でしょうか?」
 「・・・!」
 「いや、皆さんご近所内輪の方々ばかりのはず、エコヒイキ結構ですから、行って良い場所?!立ち入ってはいけない場所!オタクの好みをお教え下さればOKですから・・・」
 私のこの不埒な発言をお聞きになったご案内係りの諸姉連(ご町内婦人会メンバーかと思う)は、にこにこ笑っておられた・・・
 3~5箇所、お勧め場所をお教え頂いた。

 「・・・?」

 「もう十分です。ありがとうございます」

 お話しすれば、他愛も無い・・・
 愛想悪しき中年女性と思いきや、地元の言葉に近い標準語を駆使されて、ご親切にご丁寧に何でも説明してくださるのだ。。。
 ともあれ、
 パスポート必要入場個所は4箇所、、、。

雛めぐりパスポート01

 いくらなんでも、
 宮島の面積狭かろうと小さかろうと、急な斜面の山沿いの旧家の佇まいの中に、薫り高き歴史の浪漫は満載されているのだ。今尚1千年も以前の「街並みの原形」を留めていると聞く。 初めて訪れるものにとって、起伏激しく道は迷路の如くに入り組み(歩いてみればそうでもないけれど)、東西南北の区別付かず、そんな場所を「雛壇」めがけてニワトリの頭脳程度に試行錯誤しながら徘徊するには、時間が無さ過ぎるのです。

 恥ずかしながら、一度も訪問した経験の無い場所ばかりなのです。

 「ともあれ、宮島港の桟橋から一番遠い会場は?」

それは、
 『宮島歴史民族資料館』なのである。

 「決めた!」

 「歴史民族資料館を訪問しなくてはならぬ!」と、、、、。


 とにかく
 時間はすでに昼食の時間である。

 (そうだ、混み合う前に先に昼食を済ませるか!)

 さっそく旧友の経営するレストランへ、脇目も振らずに直行する・・・


 <・続く・・>

一日1回クリックを!(人気ブログランキング)

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/26-b3e3afef

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。