スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『黄昏のポジョニ・ウッチャ』 発刊日迫る!

071109a
('Mirror Café & Restaurant' at Danubius Hotel Astoria, photo by Thomas Aoki.)


 不良シニア風欧羅巴漫遊録 …

     『黄昏のポジョニ・ウッチャ』(第1巻)


執事のトーマス こと、トーマス青木は、『長編エンタメ小説・黄昏のポジョニ・ウッチャ PartI』 の発刊準備中!

 お知らせします!

 来る11月25日には書店の片隅に置いて頂けるよう発刊準備中です。。 
 また、出版社『(株)リトル・ガリヴァー』のホームページ;2007年度・新刊予告第5弾!!にて、初刊本「黄昏のポジョニ・ウッチャ(第一巻)」もご案内を掲載して頂いた次第。 すでに出版社では予約販売受付しています。

 そして、平素よりお世話になっている『エセ男爵酔狂記 Part-II』ならびに「カフェマガジン旅遊亭」の愛読者様に、(近日中に)出版記念特別バザールを開催します。 バザール期間中に『予約お申込み』を頂いた皆さまには、すてきな記念品をプレゼントする予定です。(お申込みは、右コラム内「Eメール通信」にてお受けいたします)
                               ご期待下さい……

                    -------------------------------

《黄昏のポジョニ・ウッチャ・発刊のご案内》

(予定装丁見本)
071108b

* タイトル: 黄昏のポジョニ・ウッチャ(第1巻)<合計3巻予定の長編エンタメ小説>

* 「著作のあらまし」: 東欧ハンガリーの首都ブタペストを舞台にした中年日本人の破天荒な人生を描く。 元旅行会社の営業マンだったかれが手に染めたのは外国芸能人派遣ビジネス。 見知らぬ国での出会い、そして芸能関係者との悲喜こもごもが織りなす人生の表と裏が独創的タッチで綴られる。

* 著者: トーマス青木 (Thomas Aoki)/四六判・290頁/予価1,800円

* 2007年11月25日予定、予約可

Comment

[289] >エカワさま・・

ご予約頂きたいへんありがとうございます。
ご連絡遅くなりましたが、ようやく今朝になってEメールをお返ししておりますのでご確認下さい。

[286] 予約させて頂きました

昨日、メールで1冊だけですが、予約を入れさせていただきました。
楽しみに待たせていただきます。
 
東欧をテーマにした小説、10代の後半、五木寛之の短編小説に夢中になったことがあります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/254-0a1d897f

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。