スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「URABUKURO」の話・・・(3回連載-その1)

070724a


 本格的に夏入りした快晴猛暑、本日(7月24日)午前中の出来事なり、、、。

 広島ブログご参加の某ブロガー氏曰く、「神出鬼没?」否、『滲出奇募都!』にて、どこかしこなく、ふらりと立ち寄り勝手に取材する「不肖・執事のトーマスめ」は、本日午前中のアポイント(事前に)取り付けさせて頂き、広島市中区「袋町うらどおり瓦版ブログ」の編集委員事務所をお訪ねした。

 アポイントの時間は午前10時30分。
 時間に遅れてはならじ!と、広島のチベット(佐伯区の某団地を指す)から只ひたすら市街地に降り立ったところ、約束の時間より約20分前に袋町界隈に到達する、、、。
 久しぶりに『こっとうのお店・史音』さんに向ったら、未だシャッターは半開き。 お声をかけても、ご返事なし!
 さてさて「史音さんの2F」には、なんと、本通りにお店のあった「刃物の菊菅」さん<間違っていたら、ごめんなさい、漢字忘れる!>(現・菊太郎刃物製作所)ではないか! 下からチャイムを押すと「店に上がって来ても、よろしい」と、ご許可頂いたので厚かましく駆け上がり、暫くは、大好きな「各種・趣味の包丁」を見学させて頂く。 見学中に下のシャッター開く音が聞えた。包丁店の方から「あ、今日は早いですね!そろそろお見えになったようです・・」
 聞けば、通常「史音さん」の開業時間は午前11時頃との事。
 (本日、「こっとう品の商品貨物」到着にて、早めにお店にお出になったらしい・・・)
 突然訪問した「菊太郎刃物製作所」の「女主人」さまには刃物見学のお礼を申上げ、イソイソと階段を下りて1Fを覗く。 久しぶりに「史音の奥様」におめもじする。 事の次第を申上げ、骨董店から電話し、本日お会いするべき「お人」に連絡を取る。 しかるべき「お人=Ms. Y. Murai san,,」は、数分も経たぬうちにお見えになり、shionさんの店内で名刺交換する。

 想像していた通り、見目麗しき女性にて、さすがに「Guide-Map・うらぶくろ」を企画され、街創り活動広報ブログの「記事内容」にて推察される通り、「熱き心」にて「爽やか」な立ち居振る舞い。 且つ、若さ溢れつつ円熟味感じさせられ万事控え目、実直な女性とお見受けする。
(このところ、不肖・執事のトーマスの「想像力」と「現実一致」の適確さには、自信満ち溢れ、大きく違う推測なし!と、地震!否、自信を持って言明できますですぞ・・・)
 『こっとうの店・史音』さんの店内をお借りし、お店の中で(破廉恥?且つ厚かましくも)冷たいお茶をご馳走になる。 史音のママさん、たいへんありがとうございます。 また(次回はアポイントとって取材に!)お伺いします。
 そしておもむろに腰をあげ、「広島市中区裏通り瓦版」のお世話をなさっておられるMs.Muraiさんのオフィスに移動した、、、。
 
 本日は、このあたりまで! でもって、2~3回連載します!
                      (請う、ご期待・・)
  
毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)

    <・続く・・>
(「連載記事-その2」投稿済み!こちらから入れます・・)

 (投稿:執事のトーマス)

Comment

[201] >史音さま・・・

コメントありがとうございます。
お忙しいところ突然にお邪魔し(2度目です!)、たいへんお世話になりました。
冷たいお茶とお菓子、おいしかったです。
その後、予定通り目的達成!!!
待ち合わせの場所にさせて頂き、たいへんありがとうございました。
聞けば、そして、マップを観れば、
なんと、史音さんも「裏通り瓦版」のマップに載っているのですよね。
こうなったら集中的に、「裏通りフアン」に徹したく思います。
またお伺いします。
宜しくお願いします。

[200] 何時でもどうぞ

暑い中の取材、ご苦労様です。
袋町で取材の折は、気軽にお茶を飲みにお寄り下さい。

[199] >sewanin*kaiさま・・

コメントありがとうございます。
いや、昨日はたいへん失礼致しました。
なんだか、私一人で喋っていたみたいでして、何も取材できていない?
でも、ほぼ完璧に出来ています、、、。
そして、貴委員会の内容については、根掘り葉掘りお聞きするのはいかにもヤボです。
なぜなら、すでに「裏通りブログ」に書かれているからです。
(昨夜から今朝にかけ、あらためて貴ブログを最初から拝読しているところです・・・)
そして、
緊張されていていた!とか?・・・
解ります。いや、判りました。
でも、今後一切の緊張はご無用!にて、どうぞ宜しくお願いします。
連載、怖くないです、、、。
そう、そろそろ連載記事の準備をしなくては、、、。
(でも、今日はちょっと本業の方が忙しく、たぶん夜の投稿になると思います。いまから見回り応援にお伺いします・・・)

[195]

執事のトーマスさま

今日は本当にありがとうございました。
そして、貴重なアドバイス、お話、楽しいひと時を
過ごさせていただきました。

とはいえ、ものすごーく緊張しておりました。
そして、今、トーマスさまのブログを拝読して
またまた、汗がどっとでております。
今、ワタクシの体温は確かに「熱い」です。

連載、怖いけれど、楽しみにしております。

そして、ワタクシも近日中に
今日の出来事アップいたしますからね!

sewanin*kai 拝

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/188-b1f45164

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。