スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第50回光陽展・広島展」(2)

kohyo-ten 001

 本日午前10時、学友N君と広島県立美術館ロビーにて待ち合わせし、「第50回光陽展・広島展」に行ってきました!

   「・・・!」

 今年は第50回記念「光陽展」! 油絵・水彩・版画・塗絵コラージュ等々118点にも及ぶ作品は、県立美術館県民ギャラりー(地下1階会場)全フロアーを以っても、ところ狭しの感あり!
 ホテルの大宴会場とも見間違う広島県立美術館の地下1F全フロアーを埋めつくした「絵画美術品の数々」に取巻かれたその瞬間から、もの言わず自己主張する各作品群に、鑑賞者は圧倒され始める、、、。
 おのおの、存在感溢れる「絵画・染色作品の集団」の真っ只中に立ち入れば、静寂にして芳しき文化芸術の香り高く熱気となり、鑑賞者の感性に、すなわち大脳に、小脳に、脊髄に、心臓に、胃袋に、両膝に、両足に、それぞれ異なる反応を示す「ざわめき」を投げかけてくるのであります。

 以って、出展されている各々の絵画からのメッセージ、在り! 時に熱く、時に静寂、異なる作品からそれそれ違った訴えかけ存在し、各鑑賞者の心を揺さぶります。

    いやはや ・・・ 確実に、堪能しました。

 実に愉快な「ひと時」を過ごしました、過ごせました、、、。

 約1時間掛けて、会場を一巡りしたのちは、不肖トーマス+友人共々心身ともに疲れ果て、心地よい疲労感を覚えつつ、県立美術館の「光陽展・広島展」会場を後にした次第であります、、、。


<下記添付画像>:不肖トーマスの親分「エセ男爵ブログ」の重鎮「悠々さん」の作品・・
yuyu-san 001

   出展No: No.56
   資 格: (会 員)
   氏 名: 竹 村 克 男
   住 所: (埼 玉)
   受賞名: 『古郷賞』
  作品名: 『奥入瀬・夏』

  とりあえず本日、180点にものぼる広島展の展示作品の中、「古郷賞」の栄誉に輝く、悠々さん作品をご紹介して締め括りたく思います。

 「・・・?」

 「いえいえ、とんでもございません! お約束通り、「光陽会・広島展」の最終日(6月3日・日曜日)には、是非もう一度、必ずや県立美術館に出向きますぞ!」

              *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

    <・続く・・>


 (投稿:執事のトーマス)

 
 前回投稿「光陽展」関連記事は、こちらからご参照いただけます・・

-----------------------------------------------

<注>:関連参考資料URL

* 広島県立美術館

A)ブログ「エセ男爵酔狂記 Part-II」絵画鑑賞超怒素人蘊蓄録

B)昨年の悠々さん出展作品:作品名「奥入瀬の激流」

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/126-ecdc00a2

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。