スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行談義のこと

 本日まともに真面目に、本気で、しかし少しだけ、自己紹介的記事を書いてみます。

 「ブログ旅遊亭」の執事、不肖トーマスの元々の職業は旅行屋です。 大学卒業と同時に、某(大手)運送会社に就職。 ところが、数ある貨物部門ではなくて、なぜか旅客部門に配属され、海外旅行担当として18年勤務しておりました。 今の時代と違って当時の海外渡航は、それなりのコストが掛かり、お金と時間にゆとりのある限られた人達を相手にする、特殊な仕事でした。 企業の出張者でない限り、ほとんどの観光旅行者は団体に参加。 団体旅行の添乗員としてお客様にお供し海外出張していた不肖トーマス、たぶん、通算1,500日以上、海外旅行(海外滞在)した記憶(記録)あります。
 そして40歳になった時、当時流行の「脱サラ」して、会社を設立しました。
 その目的とは、
1)「国際交流ソフトを企画」する会社を設立し、
2)地元広島の国際交流促進し、
3)郷里に貢献しよう!
                 等と、試みました。
 けれども、わずか3年で挫折。
 主な理由は、たぶん?こういうビジネスの時節到来にはおおよそ10年早すぎた。 結果、幾つかのビッグイヴェントに携わったものの、経費ばかり先行し、利益はともなわず、、、。 ほどなく事務所を閉めました。 その後、縁あって東欧のハンガリーへ赴きました。 通算約7年、ハンガリーの首都ブダペストを基点にして、ドイツ・スイス・スペイン等を行き来しながら、ヨーロッパの伝統と文化に囲まれた生活をエンジョイしていました。
 現地契約終了の後、一旦は帰国したものの、2年と経たぬ内に又々縁あってインドネシアに渡航。 主として東ジャワ州スラバヤを中心に地元大学のオートノミー[autonomy](大学自治活動)の共同研究、加えて経営学関連のクラスも担当し、バリ島の大学の観光学部でもレクチャーを依頼され、客員教授の真似事などしつつ、忙しくも目的に適った快適生活をエンジョイしていました。
 そんな時、たまたま休暇で帰郷中の出来事。 父が脳梗塞で倒れてしまいます。
 約2年3ヶ月、入院リハビリ生活の続くさなか、病院の食事を喉に詰らせて肺炎を起こし、それが原因となって急逝したのは3年前の5月、、、。
 海外生活中ならば叶わぬ出来事「父親の死の瞬間」を、しかと見とどけました。
 親不孝を続けるばかりの不肖トーマスも、この時ばかりは父の「永久の旅立ち」に立ち会わねばならぬ! と、帰郷したまま現在に至っております。 くわえて昨年9月末、父の後を追うように、母も急逝、、、。 そんなことあんなこと色々あった数年間、いささか、精神的に疲れました・・・

 そんな私的出来事とは無関係に、時は過ぎてしまいます。  


冒険者たち 冒険者たち
アラン・ドロン (1996/12/05)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


 拙ブログにてご紹介していること、ご承知の通り、今、宮島を中心に「郷土文化歴史の探訪」を始めたところです。
 目的は、映画「冒険者たち」もどきに、地中海ならぬ瀬戸内海を背景とした海と島の係わり紀行をフィールドワークしたくなった、つまり歴史探訪記なるものを書き上げたい。

 しかし、はっきり申上げて元々海外旅行のプロフェショナル、、、。

 外国生活の長い自分自身の経歴から、例えば「旅遊亭」の話題に、海外旅行の話題もブログに在って良いのではないか! 等と、常々想うのです。 いまから少しずつ海外旅行の話題も挿し挟みたく、むしろトーマスにとっては自然体である。と、本日あらためて宣言いたします。

 かくして、不肖トーマスは(かなり以前から?!)、映画「冒険者たち」のアランドロンの気分なり、、、。

  あらためまして、どうぞ宜しくお願いします。

  *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ


 (投稿:執事のトーマス)

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://butler13thomas.blog93.fc2.com/tb.php/104-e37800c3

«  | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。