わが友、イスラエルより来たる・・・ (Frends come to Daisho-in Temple!)

20160521a
<添付画像>『イスラエルよりわが友来たる・・・』
(撮影月日)平成28年4月10日
(撮影機材)FUJIFILM X100S (Lens:35mm)
(撮影者) Thomas AOKI

 その名はマーシャさん、イスラエルの旅行会社のツアーリーダー。
 前列、真左のサングラス女性。 やや小柄にして細身、黒髪、色白。 イスラエル人女性である。

 昨年の秋に続き、今年も4月に2回ほど、イスラエルから団体旅行客様を引率、日本(京都・大阪・広島・福岡等々)をご案内された。否、正確に言えば一昨年の晩秋に(宮島大聖院境内で)お会いしている。 その時、少人数でお越しになり、大型で古くて高価なコケシを数本まとめてお買い上げ頂いた記憶がある。

 団体のお客様は(多分全員)ユダヤ人でらっしゃるから、風俗習慣且つ同じ宗教を共にする人たちが寄り添い集(つど)って団体旅行をされる。 理に適っているとトーマス青木は判断する。 皆さんの間で使われている言葉は英語ではなく、もちろんフランス語でもドイツ語でもない。 ひょっとすると『ロシア語』? と思われるサウンド(speaking sound)は?

 実は、『ヘブライ語』である。

 お集まりになった団体旅行ご参加の皆様は、ヨーロッパ各地(フランクフルト・パリモスクワ・ウイーン等々)から、ひとまずイスラエルの首都エルサレムにお集まりになり、そこから日本に向け出発される。
 そして必ずや、広島県廿日市市宮島町の『大本山大聖院』にお参りされる。 境内にてゆったりと、そう、約45分間の参拝且つ休憩時間をとられる。その中でツアーリーダー(添乗員)の方から全体的なご案内時間が約5~10分間。いろいろな注意事項も混ぜて、多分、宗教的な説明をされているに違いない。(傍から見学していて、添乗員冥利に尽きます・・・ 何故ならば、参加されたお客様が全員くまなく、添乗員の話に耳を傾けておられるからです、、、)

 マーシャさん、よくお参り下さって、ありがとう。 またこの秋、大聖院にお越しください。

                        (トーマス青木)

  …人気blogランキングへ(一日一回、クリックして下さい!)
 

 | HOME | 

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market