的を得たり、森保研究会!(No.-1); 「厳島門前町について」に参加、、


 これ、花岡拓郎先生(現在「蘭東閣美術館」学芸員)からのお誘いあって、先の3月28日の日曜日午後、行ってきましたよ。

 そうです、勉強会に行ったのです。

  ― 演題:「厳島門前町について」(講師:松井輝昭教授)

 何だって?
一か月前に宣言した内容と食い違っているじゃないか!?!」
と、思われる読者がいらっしゃるかも知れないけれど決して違っていません。 宮島の観光産業現場には二度と入りたくない。が、郷土の歴史探訪は私のライフワークでありまして、つまり、わざわざその度に宮島くんだりまで出向かなくとも、広島市内で県立広島大学の教授であらせられる『松井輝昭先生』の講義を拝聴できるのだから、これは参加しないわけにはいきません。

 いや、さすがに松井先生の講義は(いつ拝聴しても)良い!
 それで、何処が如何良いのか? と、大学教授の講義の良し悪しを問われれば、さて? 妙な切り口ですが、先生の御声は美しくリンと冴えわたり、且つ聴講生を酔わせる学者的色気在って素晴らしい。
 不肖トーマス青木のイメージはたまた固定概念として、
「おおよそ歴史の先生なんて美文の書けない落ちコボレ文学者であって、文章が書けないなら話す手立てがあり、かといって話し喋らせれば独り善がりの退屈な話しかできない連中ばかりだ……」
と、決めつけていたのですが、これが大間違いでした。
 そう、松井先生の講義は違う。
 拝聴していて良い気分になり、いつのまにか学問する気分にたたみ込まれるから不思議です。 でもって久しぶりにレポート書きたくなり、近日中に聴講感想文をまとめてみたいと思います。  ひとまず本日は、広島広大森安教授よりお送り頂いた『お知らせ』からご紹介します。
   <続く…>
             (投稿・トーマス青木)

   *人気ブログランキング参加中!
                人気blogランキングへ

                   以下、森保研究会から頂いたメールです)

   ≪講演会(卓話会)のお知らせ≫

 関連諸分野の先生方に、ご登壇頂き、自由に、ご講演頂き、その中に、私共の専門分野である、「建築計画(学)」、「都市住宅(学)」等々に対する「想い・期待」について、ご自由にお話しを頂く、「学際領域シリーズ」としての『講演会(卓話会)』を、両学会の共催により、企画致しました。ここに、下記の通り、ご案内致します。
 この度は、厳島神社の「謎」に魅せられ、その成立について、中世文化史・古文書学のお立場から、研究されている県立広島大学の松井輝昭先生に、関連史料を新たに紐解きつつ、今まで扱われることが少ない、厳島(宮島)門前町について、その中で、その形成についても可能な範囲で、お話しを頂きます。大いに、ご期待頂き、奮って、ご参加下さい。

 主催:日本建築学会・中国支部・建築計画委員会
    都市住宅学会・中国四国支部

 日時:2010年3月28日(日)13:00~15:10

 場所:学校法人鶴学園・広島校舎(広島市・中区・中島町5-7)402室
   ℡:082-249-1251 (参考:平和公園の南側の土谷病院の裏手・南側にあります。)

 講師:松井輝昭 氏  公立大学法人 県立広島大学 人間文化学部 国際文化学科 教授
           専門研究内容:「中世の厳島文化と地域史料の研究」

 演題:「厳島門前町について」

 参加費:無料

 申込:広島工業大学・環境学部・地域環境学科・環境デザイン学科 森保洋之 まで
    Tel:082-921-3121(代表)
   ・@Fax: 082-921-8979(学科事務室)

Smokey?

大した意味合いは皆無です。が、またまた額縁交換してみました。

 額縁のタイトルは『Smokey』ですって?! こちとらせっかく禁煙しているのに、またタバコ吸いたくなるタイトルだ、、、。

 「Ba!……?!」

 「な、なんですって?」

 「・・・・!」

 「そう、そうなんです。 真夜中に、実は2時間かけて、数あるFC2額縁の中からこれを選んで来る暇あったら早く寝たほうがいいですよね……」

   !!

 「みっともないったらありゃしない。?否『近ごろ、生活が乱れているのではないか?!』ですって?」

そうか~ そうかもしれない。 (旅遊亭編集部)

  
    *人気ブログランキング参加中!
                 人気blogランキングへ

記念誌発刊、成るか…

 このところ俄かに忙しくなりました。 気合の入った諸先輩方を中心に「何か歴史に残るもの」を創作しようという機運に満ち溢れている今日この頃です。 もちろん不肖「トーマス青木」メは、編集その他お手伝いする所存です。
 以下、
 本日はひと先ず『趣意書』を公開。 きたる4月上旬に実行委員会が開設された時点から『当該プロジェクト(仮称中の仮称)』に関する運営日報的な記事を公開したく考えています。(トーマス青木)


   *人気ブログランキング参加中!
                  人気blogランキングへ

   -------------------------------------------------------

  『趣 意 書』

 修道大学50周年記念行事にちなみ、「三金会」をはじめとし「修経会」メンバー有志が基軸となって同窓生ならびに後援者および在学生且つ大学関係者に呼びかけ「随筆」や「小論文」の執筆を促し投稿を募り『50周年記念エッセイ集(仮称)』を編集し、今年9月(あるいは12月)吉日を以って発刊、市販本として広く日本全国および世界に発表する。

そのコンセプトは、

 大学50年の伝統と実績は、即ち、同窓生各々が社会で歩んできた道程の集合体である。これらを後輩に語り継ぎたく、以って「道しるべ」として記録する。

 さまざまな社会科学(人文科学)を突き詰めていけば「全て根底は歴史に通じる」という説(宮崎一定)がある。同窓生各自の歩んだ人生は、それぞれ人間としての歴史が実在する。たとえ地味であっても、しっかり生き続けた人の生き様がある。生き様にはそれぞれ異なる個性があり、異なる個性は其々に同等の価値がある。その個性という集合体が織りなす物語をエッセイ集にまとめ、「語り継ぐべく歴史」として残し且次の世代に伝えたい。

 語り継がれる歴史の基盤があるからこそ未来が描ける。修道大学50周年の節目に更なる50年を加え、来る「修大100周年」の未来に繋がる痕跡を文字に表記し残したいがため、これをエッセイ集として市販本の発刊を実現する。

 続く後輩の同窓生主導のもと、近い将来に、同コンセプトを踏襲する『続編・随筆集』の発刊が可能となるよう編集メンバーを組織化する。

以上、
「50周年記念随筆集(仮称)」出版を目的とした実行委員会を発足させる。実行委員会の活動は、
編集委員を定め 出稿を募り その編纂にあたる。
その実行は 別途策定された『会則』に則って行うものとする。


          平成22年3月   発起人


      -------------------------------------------------

    *人気ブログランキング参加中!
                       人気blogランキングへ

あまりいいたかないけれど、、、

実はこちらに、、、

http://www.l-gulliver.com/webseries/index.html#pozsony

 …そうなんです。

 先月(2月)に入ってから、ほとんどの時間を「黄昏のポジョニ・ウッチャ (PartII)」の執筆に費やしていたら、もう3月の中旬過ぎではありませんか!!

 出版に先駆け、上記出版社『リトルガリヴァー社』のURL"News and Topics"に連載されています。
 Web小説とやらが流行になるやもしれない?とのこと、これ、たこのぶつ切り的に20~30ページに切り分け電子画面連載は私好みではなく、本来的な読書の姿ではないと考えます。だから、本音としては見ていただきたくないのです。が、このまま放っておくと何のためにブログ記事更新儘成らず執筆作業と格闘していたか?まだ死んではいないという証に、あまり言いたかないけど?これを言わないと記事更新できず、つまり、言わざるを得ず!?!ですので、申し上げておきます、、、、。 (トーマス青木)


    *人気ブログランキング参加中!
                       人気blogランキングへ

 | HOME | 

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market