スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっくりこないので……

いまいち額縁がしっくりこないので、また変更しました、、、。(旅遊亭・編集部)
スポンサーサイト

宮島学、撤収・・・

 実は昨日(2月3日)「宮島学の2月講座」が開かれた。が、欠席した。

 宮島学と称する市民公開講座は2ヵ月に一度、宮島の国民宿舎『杜の宿』で開かれる。 参加費用は無料。 文部科学省の予算が割当てられ、県立広島大学文学部から錚々たる教授陣による重厚な宮島の歴史学講義が(数年前から)展開され、一般に公開講座として門戸が開かれている。 一昨年は機嫌良く元気よく、7割参加した。 残り3割の欠席理由は何か、それは途中で興味のもてない講座になり、加えて担当教授の話し方が嫌でたまらなかったのと、全く私自身の学問的興味をそそらない分野だった、という単純にして些細な理由である。 昨年は「info表参道」のプランナー業務に集中しなければならぬため参加しなかったけれど、その業務もようやく落ち着き、宮島学に申込んだのは11月だった。 12月の上旬に開かれた講義に参加し、あらためて今年も受講する心積りだった。 プランナー業務(勤務)とのバランスを取りながら、今年は落ち着いて学問と実務の時間配分を図るつもりであったけれど、両方とも放棄した。 勿論、info.表参道(観光案内)の業務も懲り懲りだ。 もうできない。 宮島関連は、これ以上何も出来ない。 できないことが解っていて中途半端に取り組んでも仕方のない事だから、ここはあっさりと取り組まないことに決めた。 これで全面撤収となった。

 ふり返れば、
 私は「宮島の近世史」に興味を持ち出入りし始めたのが4年前、宮島という現場に出入りし、フィールドワークを通して学びたいという「当初の志」があった。 勉強だけに留めて於けば良いものを、いつの間にか宮島的観光産業の現場に入り、さらに、うっかり深入りしてしまった。 一つの事に興味を持ったら熱中するのが自分の性質にて観光資源活用のテーマならば尚更のこと、深入りしてしまうのはするのは本来の自分の性質からして「あるべき姿≒とるべき態度」である。 万事、これで良かったのだ。

 何れにしても、残された時間が少ない。 この少ない時間は、やはり自分で定めた『最善且つ最上位の目標』を達成するために使いたい。(投稿・トーマス青木)



    *人気ブログランキング参加中!
                       人気blogランキングへ

バレないうちに、、、

 ご指摘を受ける前に、あらかじめ申し上げておきます。

 新規額縁?!に掲げられた画像のことです。  100203c

 日本人として半世紀以上も生きていて、これだけ美しく揃えられた日本の伝統的武器(甲冑・槍・弓・太刀・陣太鼓・大筒、等々)観たことがなく、上田城址を訪れたこの時が初めてだったのです。 だから撮影禁止だったにもかかわらず、内緒で撮影した『撮影現場』は、、、
 信州上田市『上田城址にある上田市博物館内』内です。撮影なんてとんでもない。 このような画像をブログに出しちゃいかんのですな。 いずこの博物館も、同じく、撮影禁止になっているのでして、それを曲げて撮影したいきさつがあります。 理由があるのです。
 詳しくはまた改めてご説明するとして、もう眠いから(只今平成22年2月3日午前0時35分にて、、)寝ます。
 おやすみなさい。てったって、もう朝だ、、、。
 お、おはようございます。
 でも、今から寝ます。(トーマス青木)


 *人気ブログランキング参加中!
               人気blogランキングへ

雨天、大好き人間:トーマス青木

 今朝は起きた頃から雨になった。
朝9時に摂氏3度程度だった気温は終日上がらず(午後3時頃は4度だった)典型的な瀬戸内海型の天候『冬雨の一日』にて、午後5時過ぎに日暮を迎えた今も尚、冷たい小雨が愚図愚図と降り続いている。 宮島勤務は今日から皆無。 終日自宅に立てこり執筆準備するつもりであったけれど、どうしても直ぐに読みたい本があって午前中は紀伊国屋に出向き「その一冊」【タイトル『弱者が強者を駆逐する時代』著・曽野綾子 / ワック(株)発行 / 初版発刊日:2009年10月1日】を購入。
 
弱者が強者を駆逐する時代弱者が強者を駆逐する時代
(2009/10/23)
曽野綾子

商品詳細を見る

 ついでに郵便局に立ち寄って帰宅した。
 この間、かなりまとまった雨が降り続いたのであろうか、バス停迄の往復に約12~3分かかる道すがら、足元がビタビタになってソックスを脱がねば畳の上を歩けないほどになっていた。 ソックス迄がずぶぬれになるほど歩いたとは思わないけれど、それだけ雨が降っていたという証拠だ。 帰宅するや否やソックスを履き替え、早々に電気ストーブを付けて暖を取った。 寒い時節の「暖を取る」段取りになった時程に私は心和み幸せを感じ、何ゆえか遠い昔の子供の頃を思い出す、、、。

 さて、天気予報によれば、今夜夜半に雨は上がり、今日よりも温度が少し下がる明日は、太陽も顔を出すとか、云々、、、。
 残念かな、晴れ予報の明日は外出予定なし。
ウム、外に出かける場合は晴天が良いに決まっているものの、私の場合はおおむね雨の日が大好きである。 気分が安定している場合(という、贅沢な?条件付きで)、雨の日は落ち着くのであります。
さて明日からは、本格的に執筆作業に入るのだ。(投稿・トーマス青木)


 *人気ブログランキング参加中!
              人気blogランキングへ

 | HOME | 

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。