スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月3日の中国新聞記事より;「宮島包ヶ浦」運営見直しの事・・

090302b
<添付画像>:中国新聞(平成21年2月3日)スクラップ;広島圏域版より、、

 先日NPO月例会の告知記事の続きです。

 あれこれ考えていたのですが、やはり、「とある新聞記事切り抜き」を、旅遊亭に記載することにしました。 その記事とは添付画像のこと。 ちょうど1ヶ月前(平成21年2月3日)の中国新聞広島圏域版トップに掲載されたもの。 何と、包ヶ浦自然公園全体を鳥瞰図的に撮影した美しい画像と、過去15年余りの『包ヶ浦自然公園の利用者数の推移』を折れ線グラフとして表示した画像とそれに纏わるメッセージあり、中国新聞・山本秀人記者の名文によって「宮島・包ヶ浦」の運営実態を一刀両断!見事な切り口にて記事にされていた。

 (タイトル)− 『包ヶ浦公園の利用低迷』 (宮島・ピーク時の4分の1)
 (サブタイトル)− 施設老朽化 運営見直しへ

 記事読み終えた感想?
 さて、一言で言えば、
 老朽化した宿泊施設はヨーロッパに多々あり、営々と150年?それ以上に亘ってそれなりに客を迎え入れ、それなりの贔屓客なりリピーターを維持しつつ今尚営業中の宿泊施設は多い。 『古き宿泊施設』には長所短所あり、これをヴィンテージ?はたまたレトロ!?と称し、今どき流行りの言葉に置き換え、且つ、古いものを偲び謳い文句に差し替える商法は多々あり。 例えれば軽井沢「万平ホテル」の如き、明治開業以来(調べれば、江戸時代後期からだそうな・・ 比較するのは畏れ多いか?)の実績と名声を誇るホテルは、あながちヨーロッパまで赴かずとも我国日本にごまんと存在し元気に宿泊客を迎えている。にもかかわらず、何故か?ここ宮島の包ヶ浦自然公園内の宿泊施設は「老朽」を第一の理由に利用客低迷(減少)の言い訳にしているから三流マンガにも劣るのである。 何が利用低迷の理由か問題か? 理由を考えれば行き着くところは1つにて、論ずること恥ずかしく且つ可笑しい、、、。
 けれども敢て、言及すれば、
 運営側に必要不可欠な「ホスピタリティー的マインドの完全欠如」と、
 観光関連サービス業としての、
 「とるべき基本姿勢が全然とれていない」こと、
           この一言(ふたこと?)に尽きる!!!


 さて記事拝読した後、トーマス青木的に「〆て」云えば、

A) 包ヶ浦自然公園のあるべき姿(コンセプト)を明確に携えた「運営責任者」の不在。
B) 世界中のリゾート地域と比較して勝るとも決して劣ることのない、包ヶ浦自然公園の類稀なる自然遺産の『真価』が解っていない日本人風近視眼的価値判断によりアンダーヴァリュー(under-value)の評価を浴びせられて久しい包ヶ浦自然公園施設。
 等々、包ヶ浦自然公園施設の運営と管理の『ていたらく』ぶりが(上述の如く)浮き彫りとなって、

1) A項の、運営責任者不在とはすなわち、とある時点にて、包ヶ浦施設の運営責任者(旧宮島町長)が運営責任を放棄したり戸惑ったりの「紆余曲折」を繰り返し、その後、ご本尊の「厳島神社とその周辺」がユネスコ文化遺産指定を受けたり廿日市市との合併騒ぎのドサクサの中、包ヶ浦自然公園施設が継子扱いされたかどうか、結果、運営管理は無視され続け、現在に至った背景がある。 加えて、この『手の施設』を市職員(お役人)が運営するのはきわめて難題。 すなわち「この手の施設」とは、久しく国の保護受け「自然景観を保護されてきた宮島と瀬戸内海国立公園圏」の大自然を土台にした余暇娯楽の為の海浜遊戯&宿泊施設のことを指す。 でもって「お役人」に、レジャー遊興を目的として集散する一般市民のお遊びの相手をするなど「役人的お役目以外のお役目」の処理対応等出来ようはずは決して無く、また出来ないからといってご担当のお役人が現場の仕事をサボっているわけでもない。 もともとお役人が「このような宿泊施設」の現場で直接サービスすることを強いてはならないもの!と、不肖トーマス青木は判断する。
 もって、『施設運営の長』たる(現行)廿日市市長の英断により、あらためて『現場の長』を任命し、リゾート型宿泊施設運営プロフェショナルとしてサービス現場の運営にあたらせる必要あり。
2) 大自然の中、その景観と調和し環境保全の目的にも合致したリゾート地は、世界中のいたるところに存在するし、世界中の如何なるリゾート地をみても、必ず『人の手』が加えられている。 大自然に一旦人の手が入ると、それを継続しなければならない。 包ヶ浦自然公園も同じ理屈が当てはまる。 人の手で管理し、人の手で守っていかねばならない。 厳島神社とその周辺がユネスコ世界文化遺産に指定され、かれこれ10数年になるか。 たかがユネスコの施した世界文化遺産の指定ではないか。 いちいちユネスコに指定してもらわなくっても、宮島や厳島神社は、もともと「日本人の宝なのだ」ということ忘れてはならない。 でもって、宮島地元住民も廿日市市も広島県も「ユネスコ認定」を受けたことで浮かれるのはみっともなさ過ぎる。 宮島が厳島神社が世界文化遺産の指定を受けたことで騒ぎ浮かれるのは、もう止めてくれ。
 目を覚ませ!ぼやぼやするな、、、。
 そろそろ宮島の大自然が有する、というより瀬戸内海国立公園のもつ大自然の魅力を再確認し「それなりの手を打つ時」が来ている。 そのような観点から、(以下添付の)2月3日付・中国新聞記事は「ひっとあぽん」(Hit-upon!)であって、久しぶりに中国新聞記者・山本秀人氏に敬意を表し心から拍手喝采したい。  <投稿・トーマス青木>

    *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

ps: そう、『宮島・包ヶ浦自然公園』を、21世紀のグローバル世界に誇れる総合リゾート施設として再デヴューさせてはどうか、、、。      
           (以下、中国新聞記事へ続く・・)

MORE »

スポンサーサイト

ぱどるセンター in 広島県廿日市市大野エリア・・

090131a

 今からこの海のカヌーを漕いで渡られる(お帰りになる)目的地は何処か?お聞きしたところ、それは本土の廿日市市大野エリアにある「パドルパーク」に向われるとの事。 所要時間は約1時間とのこと。
 「今から一時間も漕いで帰られるなんて、たいへんですね!?」
と、お尋ねしたところ、
 「なぁに、ボツボツと、休み休みですから、如何って事ないですよ、、、」
と、返事が返ってきた。
 「でも、例えば宮島の連絡船フェリー等が進行方向を横切ると、大波が来て大変でしょう?このカヌーが海の真ん中でひっくり返ることもあるのでしょう?」
また初歩的な質問をする。海に出れば皆海の真ん中である。でも、丁寧にご返事していただけるからうれしい、、、。
 「そう、ひっくり返っても大丈夫なように、その為に、わざわざひっくり返って水中でパドルを使って復元できるよう練習しておくのですよ・・」
 「な、なるほど、、、」
やたら感心するばかりです。
 「一度、大野のパドルパークにお見えになりませんか?是非ご一緒に遊びましょう、一緒に練習しましょうよ!」 
 「。。。。!」
 ご返事できなかった、、、。  090131b
 幸いにもこの時、
 丁度この時に待ち人現れ、
 「トーマスさん、出艇の邪魔してはいけませんよ、みなさんお忙しいのですから・・・」
と、丁度この時(12月中旬の日曜日午前中)に「包ヶ浦でお会いしましょう、、」と、お約束していたご夫婦がお見えになった。
 何を隠そう!(いや、隠す必要は一切なし)
 このご夫婦はすでにもっと大型で太めの二人乗りのシーカヤック、云わば貨物船的シーカヤックをお持ちの方だったのです。
 お聞きすれば、やはりこの画像にあるような細身の舟艇は命がけの覚悟が必要だそうな。 そりゃそうでしょう。 おとなしい瀬戸内海といえども、相手は大自然。 大自然の真っ只中に漕ぎ出していくのだから、危険伴うし、やはり怖い。

 さて、
 雨雲に霞んでいる画像前方の山並みは広島市内のもの。 広島の宇品港から包ヶ浦桟橋へ直行する場合、約20分で到着する(らしい)。  といっても、この速度はフェリーボート(時速約40km程度か?)のものであるから、画像掲載のシーカヤックではどだい無理な話であって、たぶん2時間は掛かるであろう。
 オフシーズンはもちろんのこと今現在、海水浴シーズンになっても広島から包ヶ浦行きの定期船直行便は無いらしい。 昔は広島界隈から当地包ヶ浦までは全て、船で往来していたものだ。
 中国山地の観光地を開発するのも良かろうが、もう少し既成の瀬戸内海のリゾート地を見直しては如何なものか? 瀬戸内海国立公園は、国がつくった昔懐かしい前時代的観光用語なのだろうか?いまや、「国立公園」?「国定公園」?等々、漢字の羅列を見てもピンとこない。 猫も杓子も湯音栖子(ユネスコと発音する)自然and/or文化遺産指定を受けた場所だの建物だの、第一ゆねすこがどちらを向いているか判っていないおいさんやおばはんがわいわい囃し立てて、やっていることは空っぽだから、先が思いやられる。
 こういう大自然の造った宮島の自然遺産『包ヶ浦自然公園』を忘れてはいけない。 管理費がかかるからといって、目先の経費節減の為に、本来きちんとお金かけてやらねばならぬ「施設管理」を怠ってはならない。と、あらためて思うのであります。

    *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

                                          <投稿・トーマス青木>

   -------------------------------------------------

 *パドルパーク:(カヤックの魅力は無限大 のんびり海上散歩しよう・・)
 場所:広島県廿日市市物見東1-2-9 TEL:0829-50-4340
 営業:11:00~20:00 休日:火曜日(3~11月は無休)

 * 瀬戸内海国立公園:
 昭和9年に雲仙や霧島とともに我が国で最初に国立公園の一つとして指定されました。紀淡、鳴門、関門、豊予の四つの海峡に区切られた面積の広い海域が公園区域として指定されており、陸域・海域を含めると日本一広大な国立公園です。
 瀬戸内海国立公園の最大の特色は、大小1000あまりに及ぶ島々で形成された内海多島海景観です。また、瀬戸内海一帯は古くから人と自然が共存してきた地域であり、島々の段々畑や古い港町の家並などの人文景観が特徴となっています。 <詳しくはこちら(環境省HP)から・・>

産経抄より「お転婆娘談議」? ・・・

 一週間前のこと、全国高校サッカー大会に広島の皆実高校が優勝した。 数十年ぶりか?昔は広島の高等学校サッカーは最高レベルだったけれども、この四半世紀の間、低迷に次ぐ低迷。 私のそんな記憶を背景にして、此のたびの皆実高校のサッカー優勝は快挙である。
 しかし昨日(平成21年1月24日)のこと、「広島県内の高校から『春の選抜高校野球』の選抜チームに広島県の高校から一校も選ばれなかった……」というニュースが流れた。 高校野球といえば広島市内に名門校あり。 私立の『広陵』に、公立の『広商』だ。 残念ながら、広島県内の高校から一校も春の選抜に選ばれなくなって久しく、以って、春の選抜野球TV放映シーズンが寂しい。
 ところで私事、
  昨年はメタボリックシンドロームの脅威にさらされたこと、既に申し上げたとおりである。 昨年末ようやく命取り戻し、歳を越せたけれども、今年はこの健康状態を今一歩進めてみたい。 進めるには、もっと健康的な生活環境に自分を晒せば良いと考え、それを実行しようとしている。
 縁あって宮島の包ヶ浦自然公園で遊ぶこと多く、大自然の懐に入って生活できる心の贅沢を堪能している。 今は少し寒いけれど、少し暖かくなってから、宿泊とアウトドアライフを同時に楽しもうと思っている。 宮島包ヶ浦自然公園の宿泊施設に中長期滞在して、釣り・干潟観察と散策・野鳥観察・鹿の観察・山歩き等を楽しみながら、思いっきり自然世界に溶け込んでみたい。

         090125a

 あれこれ計画のさなか、一昨日(平成21年1月23日)の産経新聞に Hit-upon! (丁度、うってつけ・・)の記事があったので切り抜いた。

      *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

                                      <投稿・エセ男爵
  ----------------------------------------------------

 産経新聞(H21.01.23.)『産経抄』より、、

 死語というほどではないけれど、近頃使われなくなった言葉の一つに「お転婆(おてんば)」がある。木登りが大好きだったり、かけっこが男の子より早かったり。一昔前のNHK朝のドラマのヒロインにはこんなタイプの少女が多かった。
 茶道家の塩月弥栄子さんは、「裏千家のお転婆少女」だったこと、明治大学教授の斉藤孝さんとの対談で語っている(『女性に必要な12の力』アシェット婦人画報)。小さいころから、スケートや水泳に親しみ、近所の男の子とけんかしても負けたことがない。
 裏千家の向かいの寺には、男の子が腹いせに、ろう石で書いた「ヤエコのバカ」の落書きが、いまでも残っている。文部科学省が、初めて全国一斉に行った体力テストと運動習慣の調査によれば、そんなお転婆とはほど遠い、女の子が増えているようだ。中学2年の女子生徒の3割が、体育の授業以外はほとんど運動していないという。
 都道府県の結果では、学力テストので成績の良かった県が、体力テストの合計点でもやはり上位を占めていた。全国学力調査と同様に今回の調査に対しても、「国が口を出す問題ではない」「強制はかえってスポーツ嫌いを増やす」といった批判がある。果してそうだろうか。
 塩月さんは、波乱に富んだ私生活を送る一方で、茶道を広げるために世界を飛び回り、シリーズ全体で700万部を超えるベストセラーとなった『冠婚葬祭入門』の著者でもある。70歳をこえてからも、自らを「お転婆ばぁ」と称して、ゴルフや乗馬、フラダンスを楽しんだ。
 恋をして、仕事に励み、育児に追われる。盛りだくさんの女性の人生を謳歌(おうか)するには、何より体力が欠かせない。それを教え込むのが、教育ではないか。(産経新聞2009.1.23)

                       (・・コピー終了)

      *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

この木か?

090122xz

 しつこく迫ります。

 これ、元々「この木」は1本か?

 はたまた2本か?090122zz

 今週末の宮島包ヶ浦行きは無理になったけれども今月中には必ず、この目で、キャンプ場の現場確認に行きます。

 「何を確認するのか?」ですって・・ ただの『木』ですよ! されど『木』なのです。 このような勇壮な樹木は、残念かな我が家の庭には植わっていない。 だから包ヶ浦まで見に行くのです。 
 「何を?」
 だから、くっついてしまった木を見に行くのです。 くっついたのかそれとも元々二股なのか。 包ヶ浦キャンプ場の樹木のなか、大きくなって隣の樹木と「くっ付いた」ものがあるかどうか?(前回投稿関連記事は、こちらから・・) たったそれだけの事です、、、。

     *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ


                                           <投稿・トーマス青木>

キャンプ場 in 宮島包ヶ浦自然公園

090120a

 ほれ、画像の右手をご覧下さい。 これ、前回投稿(こちらから入れます)画像撮影と同じ日、ほとんど同じ場所と同じ時間に撮影したもの。

 ムム? 親子鹿が警戒態勢でこちらを覗っているぞ! 本日君たち鹿とは関係ない。 包ヶ浦キャンプ場の樹林を見学に来ているのだ。 邪魔するな!

 さて、
 ここにも二股の大木があるのですが、これは如何なんでしょう?

 途中から二つに分かれたのか?

 それとも、

 この木が若かりし頃、隣に植わっていた木とくっ付いたのか? よくよく眺めてみれば、親子鹿の周囲の樹木も、2本くっ付いていると見紛う状態の樹木の多いこと多いこと。 どうしたのか?どうなったのか?それとも、何かこの場所この土地の特性か?

 話が植物や樹林の話題になってくると、もうなにがなんだか、さっぱりわかりません。
 
 こうなったらもう一度現場の様子を調べに、この週末あたり、宮島包ヶ浦自然公園キャンプ場に行ってみます。

                                         <投稿・トーマス青木>

     *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

キャンプ場の鹿;包ヶ浦自然公園にて

090116b

<画像>キャンプ場の鹿 at 宮島包ヶ浦自然公園
(撮影日時) 平成20年12月下旬 午前7時45分頃
(撮影場所) 広島県廿日市市宮島・包ヶ浦自然公園キャンプ場にて
(天 候) 曇天

 またしても宮島包ヶ浦自然公園関連の記事です。

 そして、鹿です、、、。

 冬場、早朝、温暖な瀬戸内海気候に恵まれた『此の場所:宮島包ヶ浦キャンプ場』にて草を食む野生の鹿、、、。

 いや、その、廿日市市の技術職員さんから聞き及んだのですが、此の画像左手前の大木の話。 もともと二本の木だったのが大きくなって合体し、今は一本になったとか? よく見ると、その奥の(おおよそ30メーターの距離)にある樹木も、何だか根元の所が一緒にくっ付いているようだ。 これはまったく別の種類の樹木のようにみえるのです。 そう思いませんか?
 此の場所、資料によると、一度に1000人収容できるキャンプ場だそうな!
 キャンプ場入口には『環境省管理地』の看板あり、すなわち此の場所は国有地なのだ。 でもって画像の樹木は全て国有林。
 ちなみに、ここのキャンプ場料金は、一人一泊300円なり。 最近増改築されたトイレは使い易く清潔この上なしにて外国人ユーザーからのクレイムなし。 水道施設完備の野外炊事場は完璧に整っているし、シーズン中は貸しテントもある。 トーマス青木氏が出没し始めたオフシーズン時期も、しかもごく最近まで、日本人はもちろん外国人キャンパーの利用が多々あるとのこと。 特に外国からこられた利用者からは、口をそろえて「ヴェリー・グッド!世界中歩いたが、こんなに美しい樹木に包まれたキャンプ場は珍しく、且つ、キャンプ場としては最高級レベルである」といった意見感想を直接耳にしたとのこと。
 しかし、鹿にご注意。 うっかりテントを離れると、鹿と狸と(時には)山猿からごっそり(こっそりでもなく、けっこう強引に)食料を盗まれてしまいます。 テントを離れるときには戸締りを!?否、テントのファスナーをしっかりと閉めておかねばなりません。 これだけはシカとご注意。
  さて、
    暖かくなってから、旅遊亭編集部一同、飯盒炊爨!キャンプでもしてみるか?

                                          <投稿・旅遊亭編集部>

    *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ
 

宮島・包ヶ浦の鹿(1)

090107d
 昨年末(12月29日)、宮島包ヶ浦自然公園のアジトに冷凍保存して忘れていた『ご飯』を、今年で満1歳になった牡鹿に振舞っている画像です。(これ内緒です!包ヶ浦管理センターの御担当官に知れたらお叱りを受けるは必定か・・・)
 この画像、
  奥の山林地帯は国有林。
  宮島の包ガ浦自然公園のなかで、ここら辺りが最も標高の高い山間の場所。(たぶん広島市内の比治山の頂上くらいか?ならば標高40メーター程度?といっても、此の場所から包ヶ浦の海岸線までは徒歩10分程度、綺麗な海と本格的な山が同時に楽しめる場所が包ヶ浦自然公園なのですが、本日そんなことはどうでもよい・・)
090106a
 直ぐこの奥の茂みが「野生鹿の寝床」になっていて、夜中、この辺りにはかなり大きな角を生やしたままのボス牡鹿が数等の雌鹿とその子鹿を連れて潜んでいるところです。 そうそう、以前猿の軍団の画像を紹介した場所より約100メーター山奥に入ったところ。 この界隈に屯する牡鹿の角は、そのまま切られずに残ったままでして、この若い鹿も角が残っているのをご覧いただけると思います。 すでにこの時間(早朝といえども午前7時過ぎ)、眠っていたはずの鹿集団は起床し山奥に移動したか?
 「チョ、チョ、チョ~~」と、数回呼んだら、私の背後からソロソロと、この未青年鹿(身体は大きく無いけれど、すでに少年ではない)が近よってきたのです。 
 この鹿、なぜか、私を怖がらない、、、。
 たぶん、この3ヶ月の間に此の鹿は私の姿形と臭いを記憶し、さらに、なにかの折りに(私が)この鹿の気に入ることをしてやったはず、、。私には分からないけれど(彼には)その記憶があるから、私を「自分の敵ではない、、」と、鹿自身の脳裏に焼き付けているに違いありません。 
 「まァ、野生の動物どもは(私のことを)よう知っとりますなぁ~」
 そんなこんな、私には分からないが鹿には分かる『故(yue)』あって、不肖トーマス青木はこの青年鹿と付き合いがあるのです。
 それなりに広い「包ヶ浦視線公園内」の此の界隈(団A棟地区=あらためて記事にし詳細ご案内します)で、私が近づいても逃げないのはこの若い牡鹿だけ、、、。
090106a
 鹿の顔の下部をご覧下さい。 白い粒粒が『ごはん粒』・・・
 実は、冷凍していた約500cc程度の「ごはん」を与えたのです。 これ、食べ始めて約3分の画像。 よく食べる、よく食べる。 こうして、まだ十分に解凍しない「凍ったままの御飯」を、唇と歯茎と歯で上手にほぐしながら朝食を食んでいるものの、さすがに野生鹿、私の立っている方向に方耳尖らせ注意警戒を怠りません。 
           (・続く・・
                                       <投稿・トーマス青木>

    *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

 | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。