スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年挨拶



 謹 賀 新 年
                 平成24年 元旦

 本年も宜しくお願い申し上げます。


        カフェマガジン旅遊亭 トーマス青木&編集部一同




        *人気ブログランキング参加中!
                 人気blogランキングへ
スポンサーサイト

お見舞い……

 東北地方太平洋沖地震にて被災された皆様、

    ならびにご家族や知人が被災された皆様、

            心よりお見舞いを申し上げます。

 一日も早く、

  事態が収束し、復興へ向かうことを願っております。

詫入れは、間違っている!

 径年による制度疲労を来し自滅した自民党政権。不本意にも(吾輩にとって)民主党に移ったのは昨年の今頃だったか。民主党政権でもダメなことは最初からわかっていた。今年になって鳩山から菅に首が替わった。引いて参院選があった。民主党が負けたけれども菅直人は首相は辞めずに続投した。
 これ以上の冗談はもう何処にも無い。国家存亡に関るくらいに我国国家財政は悪化の一路を辿るも現政権は危機感一切なく、これを取り囲む野党に追及の元気なく責任感なく、風雲急を遂げる日本国百年の大改革を検討すべく八月国会は、これまたぼんやりと終わった。この一年間、我国政治を例えれば『三流大学の生徒会』的?はたまた大人の学芸会的な今日の我国政治の体たらくさ加減に辟易しつつ、我慢に我慢を重ねて今日まで来た。
 が、この一両日、遂に我が堪忍袋の緒が切れた。
 な、なんと!『日韓合併百年』を機に韓国に対し「痛切な反省と心からのお詫び」を表明する、
 We would say that ”We are very very sorry”,,,?
(Veryが2つ続くのは文法的な誤りだけれども会話では成り立つ)つまり、強烈に 謝る!というのだから吾輩は仰天した。今、怒り心頭に達し、暫く更新していないブログ記事にしたためた。
 何もしない何も出来ない、リーダーシップの取れない我国の首相が菅直人。その存在だけでも恥ずかしいが、ま、大失政をおこなう前に、他の政治家と取っ替えればそれでよい。だから、国会答弁での失言も許そうと思ったが、どっこい八月国会は菅直人に於いてして失言が無い。むしろ失言する位に熱く本気になってほしかった。が、去勢馬の如く?シナ大陸国家歴代王朝の宦官の如くにおとなしいから気味悪く思った。失言も嘘も嘘の上塗りも許そうと思ったが、最大の神経を張り巡らし失言の放言を意識しすぎ、国家元首として本来言わねばならぬ答弁すら言わないものだから、一体全体何のための国会開催だか訳の解らぬまま終わってしまった。政治家が、否、政府が、今、やらねばならぬ事をやらずに放置したまま「民主党内部の政局」に奔走する四流政治家のテレビ画面より遠のいていく醜き後ろ姿を観ながらも吾輩は、ひと言の苦言を呈することなく敢えて菅直人を始めとする民主党政治家共を見逃してきた。
 しかししかし、今日ばかりは見逃すわけにはいかない。
 歴史に残る愚宰村山首相に続き、事もあろうに今度は菅直人が「韓国に詫びを入れる……」と言うから吾輩は怒った。
 今年で日韓併合して百年が経つだけの『歴史の一頁』なのに、何故、韓国に詫びを入れるのか!
日韓併合時代の韓国に、一体どのような迷惑をかけたのか?明治大正を通し、日本国が国家を挙げて面倒みた歴史あれども迷惑をかけた歴史は後付け的挿話だと、吾輩は認識する。
 日韓合併のその時代の時の流れに於いて、地球規模的なレベルの世界国家間の政的駆引きに於いて、たまたま日本国が朝鮮半島を併合しただけのことであり、いわゆる植民地として占領したわけではなく当時のヨーロッパ諸国及び米国並びにロシアの了承に基づき朝鮮半島日本併合が成されたこと、その歴史的事実について我々現代の日本人は知らねばならない。我国日本の近代史(現代史)を正確に伝える資料あれども一般的日本人にとって触れる機会は多くない。もちろん我々時代の学校では教わってもいない。菅直人も同じく、普通に我国近代史を知っていなくて首相になったに違いなく、若し、まともに近代史を勉強した正常な日本人ならば、事ここに至って韓国に対し、日韓併合のことでは決して頭を下げる事はしないであろう。
 将来の外交を見据え、それでもって日韓の外交関係をより良いものにする?という、訳の解らぬ理由をおっ立て、且つ閣議決定した上で日韓首脳会談をやるとの事。閣議決定!? おいおい、だれかモノの解った現役大臣はいないのか?誰かこの詫び申し入れ決定会議に「モノ申す!?」まともな神経をもった閣僚はいないか!?皆イエスマンか?それとも歴史認識の足りない知恵遅れ的ヤカラの集団が今の民主党政権閣僚か?
 ともあれ、日本人は安直に詫びを入れ過ぎる。とりあえず詫びるのが文化人的態度であるからすなわち美徳であり、引いては儀礼である。と、吾輩は判断するけれども、これがイザ、外国(人)との遣り取りになったら「この物差し」を持ちかえなければならない。吾輩の過去の体験によると、めったなことで欧米人は「アイ・アム・ソーリー」と言ってはならない。まして国際的国家間の問題に於いてして、詫びを入れる行為がどれほど重いものか? 太平洋戦争終戦五十年の節目に行ったお詫び談義を例に挙げれば解りやすい。つまり、先の村山談話の重いツケが「我国の戦後史」の汚点は今尚残り、近隣莫迦諸国の政治的駆引きに事ある度に使われている。国と国との間で、一旦詫びを入れ頭を下げると、とんでもないことになることを、よもや忘れたわけではあるまいに。

 喝!菅チョクジン君!

 国家の舵取りすらできない君が、米国との安全保障問題ですらまともな扱いが出来ない君たちに、今何故に朝鮮半島的近隣諸国の外交問題まで足を引っ張るのか。このお詫び外交がカッコいいとでも思っているのか?お詫び外交が我国日本国民の支持を得る手段と考えているのか。ならば、むやみに隣国に詫びを入れることを良かれと思っている日本国民が存在することそのもの、一億二千万の日本国民総じて平和惚風痴呆症的マジョリティーの存在そのものが馬鹿げている。こんな政権のもとでぼんやりしていると、10年と経たぬうちに日本列島すなわち日本国が売り飛ばされ、我々普通の日本人は住む国を失うことになるだろう。
 
 嗚呼、吾輩は怒りを通り越し嘆かわしい……  (投稿・エセ男爵)

    ----------------------------------------------------------
以下、本日(平成22年8月10日Yahooより以下転載する)

日韓併合に「反省とおわび」=王朝文書引き渡し―首相談話を閣議決定へ
8月10日4時26分配信 時事通信


又は、こちらから入れます……

 政府は10日午前の閣議で、日韓併合100年に当たっての首相談話を決定する。談話は、アジア諸国への植民地支配と侵略を謝罪した1995年の「村山首相談話」を踏襲し、「痛切な反省と心からのおわび」を表明。未来志向の日韓関係構築に取り組む姿勢を強調し、朝鮮王朝の主要行事を絵や文章で記録した古文書で、日韓併合後に日本に渡ったとされる「朝鮮王室儀軌(ぎき)」を引き渡す方針も明らかにする。
 菅直人首相は日韓併合100年の節目に、首相談話という形で謝罪の意思を改めて明確にすることで、菅内閣のアジア重視の姿勢を示し、日韓関係の進展につなげたい考え。ただ、与野党内には、65年の日韓請求権協定で決着した請求権問題が「再燃しかねない」との慎重論があり、今回の談話には批判も出そうだ。
 談話の発表時期をめぐっては、韓国が植民地支配からの解放を祝う「光復節」の15日や、併合条約が発効した29日に合わせた場合、政治的色彩が強まって反対派を刺激しかねないと懸念、避けたとみられる。 

韓国戦完敗…これだからサッカーが嫌になる

 なんで得点できないのよ!

 本田君、いい顔してるんだけどな。 ゴールできなきゃ話にならん。

 軽く守っている韓国、とにかく日本チームは、ゴールしなきゃ幾ら守っても勝てんのよ……

 観ているとロクなことにならんぜよ。 ヤッパ見なきゃよかった・・・・

 愚痴ってもしょうがないが、こりゃ南ア行っても勝てんな。

 グチってもしょうがないが、だから言ったでしょう、1点でいいんだから、とにかく得点してほしいのだ。 

 点入れるために練習してきたんじゃなかったの? やっぱ岡田監督の采配が駄目なんだろうな。 

(投稿・トーマス青木)

  ------------------------------------------
以下、産経新聞記事のコピペです。

岡田監督が完敗で謝罪「申し訳ない」韓国サポーターからは拍手
5月24日22時12分配信 産経新聞



 サッカー・キリンチャレンジ杯2010(24日、日本0-2韓国、埼玉スタジアム2002)日本代表は南アフリカW杯への壮行試合として韓国代表と対戦し、前半6分に先制点を決められるなど0-2で完敗。

 試合後、岡田武史監督は「選手は全力で戦った。(2月の東アジア選手権に続く韓国戦敗戦に)一年に2回負けるのは申し訳ないと思ってる。結果を出せなかったことに責任を感じてる」と駆けつけた5万7000人の日本サポーターに謝罪した。

 試合を振り返り「先制されたが、チャンスは十分あると思っていた。(終了間際の)PKは余分だったが、もうちょっと崩せる形ができればと思った」とふがいのない内容に落胆の様子。簡単にボールを奪われ、攻めの形を全く作れない内容にも「もう前に進むしかない。我々のやり方を信じてこのまま続けたい」と言葉を振り絞った。

 W杯前最後の国内試合を終えたイレブンはグラウンドを一周。勝利に沸く韓国サポーターから送られた“余裕の拍手”がスタジアムにむなしく響いた。
 (以上、切り抜き終り)


     *人気ブログランキング参加中!
                   人気blogランキングへ

今夜の韓国戦に…

 サッカーは全く不案内である。が、今夜5月24日、埼玉県のとあるサッカー場でワールドカップ前哨戦として韓国戦があるとのこと。 テレビでやっていれば絶対に観るのだ。(中継するはずです!ですよね?)

 サッカーゲームの何を観るか?

 それはただひたすら本田圭佑君を追いかける。

 ロシア強豪CSKAモスクワに所属する彼は、先の5月16日ロシアから帰ったばかり、、、。 この度のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の日本代表メンバーに選出されたばかりのMF本田圭佑は、帰国するや否や「優勝を目指す」と抱負を語った。

 サッカーは良く解りませんが、代表に選ばれた選手の中でもひときわ、本田選手の面構えが素晴らしいのであります。 既に戦闘態勢、やる気になっているのがうかがえる。 そして、まだ手若い。 ビッグマウス(大ホラふき?)などと囃し立てるマスコミ?結構じゃありませんか。 ここは有言実行で、大いに働いてくれたまえ!
 とにかく今夜「1点」! 韓国に叩き込んでやってほしい。 点の取れないサッカーゲームなんて、バッター無しピッチャーだけで野球を戦っているよなもの? サッカーボールはゴールに叩き込んでなんぼのゲームじゃろが? 得点しない出来ないチームなんて面白くも可笑しくもない(まったく面白くない!)。 岡田監督の顔見ているだけで貧乏神にとりつかれた様に得点してはいけない気になるのだろうか。 岡田監督のTV画面に写すな! 本田君よ、ただひたすら得点せよ。 点を入れないと勝てんぜよ。 だから点の取れそうな選手、すなわち本田君に期待する。 もし今夜、本田君がゴールを決めたら、その瞬間、あらためてサッカー不安?否、サッカーファンになってW杯全試合を観戦しても良い、、、。(投稿・ほとんどサッカー観戦しない男:トーマス青木)
 

    *人気ブログランキング参加中!
                 人気blogランキングへ

夜明け前;宮島包ヶ浦にて

081229b
<画像>:湯気立つ『宮島包ヶ浦海岸』
(撮影日時)平成20年12月下旬午前7時15分頃
(天 候)晴れ
(撮影場所)廿日市市宮島包ヶ浦自然公園

 撮れました!!!!!

 この一枚を撮るために(ちょいとおおげさか?)、包ヶ浦に滞在していたのです。

 何が撮りたかったかといいますと、海面から水蒸気の立ち昇っている「さま」を!です、、、。

 11月下旬のこと、一度、よく晴れ渡った早朝に見たので、もう一度、「海面から湯気の立つ様」を見たかったのです。 この湯気、どうやら、ゆるりと、山手から海の方向にたなびいている様子。 

 「どうしてこうなるのか?」

 ちょいと来年からその研究始めます。
 いやなに、大げさなことではありません。この研究はすぐ済みます。
 なぜかと言えば、私が知らないだけで「包ヶ浦のこと」良くご存知の、ごく一般の普通の宮島島民にお聞きすればすぐ分かることです。

081229c
 上記添付画像は、僅か2分後のもの。
 (画面が暗くなっているのは、露出のバランスが変化しただけのこと。時間が逆戻りしたのではありませんぞ!)

 わずかですが、もうすでに水蒸気が見えなくなっています。
 画像中央に見える島が、今は閉鎖となった昔懐かしき海水浴場且つキャンプ場のあった「絵ノ島」(漢字が分からなくなった)です。

 あと2~3年以内に、『宮島包ヶ浦自然公園』内に在る『宿泊施設』が閉鎖されるかもしれない。 廿日市市「市営宿泊施設」なのですが、管理経費が掛かりすぎてどうしようもないとのこと。つまり、宿泊施設と公園内整備のために必要な職員の人件費が賄いきれていないとのこと。つまり、いろいろな理由で、宿泊利用者が減少しているとのこと。だから宿泊施設を閉鎖するというのですが、あまりにも理由薄弱、且つ、如何にもお役所的発想である。 世界に誇れる海と山と川の3拍子揃った大自然を一度に楽しめる場所「包ヶ浦自然公園」を、お役人は安直にぶっ潰す(せっかく25年前に作った宿泊施設を取っ払う)というのだから信じれない。

 このような素晴らしい大自然の箱庭的景観を呈す場所は世界中探したってざらにありません。 猫に小判とはよく言ったもの。
 今たとえれば、廿日市市に合併した宮島の包ヶ浦は廿日市市にとって天から降ってきたも同然であって、大自然が造作したこの景観と自然環境の価値が分からないのだろうか?
  云わば、『廿日市市に、宮島包ヶ浦宿泊施設ケビン』? ≒ 猫に小判
 はたまた畝巣子(UNESCO)世界文化遺産に登録された厳島神社と宮島街中のみに胡坐をかいてしまった宮島島民の傲慢さがあるか?
  云わば、『宮島島民に、宮島包ヶ浦自然公園』!・・・ ≒ 猫に小判
 もしも間違って、「素晴らしい施設」を閉鎖したら、宮島町民(島民)と廿日市市役所の行った愚策として歴史に残るでしょう。 ユネスコの世界文化遺産指定を受けた『厳島神社』及び『神社周辺の宮島町中心街』がUNESCO世界遺産指定を受け得たのは、ひとえに宮島に残された大自然が織り成す景観の美しいバックグラウンドが文化遺産厳島神社と大鳥居の背景にあったからです。 
 そして、
 宮島に残されている大自然美の『その典型』が、今、包ヶ浦に残されているのだ。                                   
                                       <トーマス青木>

      *人気ブログランキング参加中!人気blogランキングへ

ライラの冒険 of "Golden Compass",,,

goldencompass 080417a
Golden Compass Backnumber

 You は、『ライラの冒険』(黄金の羅針盤)を観たか?!

   大人が観ても決して損はしない、こりゃ名作ですぞ!

 「……?」

 「観ているのに何故感想文書かないか!ですって? 感想文書かないのも感想文ですよ……」


080417b こんにちは!ライラのダイモンのパンだよ。
春休みはしっかり楽しめたかな?『ライラの冒険』も春休みの思い出のひとつになってくれていると嬉しいな^^。昨年11月からお届けしてきたメールマガジンもこの号で最終回。応援してくれたみんな本当にありがとう!最後もしっかりとお届けするね。

それでは『ライラの冒険 黄金の羅針盤』公式メールマガジン最終号スタート!
(ライラの冒険・メールマガジンより抜粋)
 * Golden Compass Backnumber(ゴールデンコンパスメールマガジン限定版・バックナンバー) は、こちらから入れます!


                                 <投稿:旅遊亭編集部有志>

           毎日一回、クリック応援を!(人気ブログランキング)

Ps: 宮島の鹿のこと考えながら是非もう一度この映画をレヴューしなければ、、、。 

 | HOME |  »

profile

トーマス青木

Author:トーマス青木
カフェ&マガジン「旅遊亭」に集うゲストの皆様を、おもてなし致します。


月別アーカイブ


RK Check!

最近のコメント





最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮島情報

Miyajima Information

『社団法人宮島観光協会』
『廿日市市観光協会』
「宮島の宿・ご案内」
「酒と器 久保田」
「伊都岐」
「ぎゃらりい宮郷」

miyajima-kikugawa logo
「ゲストハウス 菊がわ」



『宮島グランドホテル有もと』


miyajima-makoto logo
『宮島ホテルまこと』


ブログ内検索


RSSフィード


最近の記事

blogranking Logo 60
一日一回のクリックを!
ランキングアップの応援お願いします!


Category


with@blog banner gr.
(全日本?流随筆RK情報)



090619az
願いますぞい!一押しを・・


E-mail


Direct Comment,, ご意見ご連絡などお寄せ下さい・・

名前:
メール:
件名:
本文:


Links


このブログをリンクに追加する

Hotel Info.

執事のトーマス!お勧めの宿は?

HotelClub - ディスカウントホテル予約


Recommending,,


骨董・茶道具の買取、販売の古美術やかた


The Remainds of the Day
映画「日の名残り」
Mr. Ishiguroを世に出した「名作」The Remainds of the Day,,, 日本人にして、ここまでに香り高き英国の「情緒」と「情景」を描ききれた小説を原作とし「映像化」した名画、、、。

></a></td><td style=

「ディナーラッシュ」
有名イタリアンレストランで起きた一夜の出来事。開店から閉店迄の時間と空間。従業員・お客・オーナー。それぞれの立場で繰り広げられる人間模様、スピード感溢れる描写

Getz/Gilberto

Gets&Gilberto
ジャズとボッサノバの融合開始、いかにも素朴です。


amazon market






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。